Just For The Record...

仕事だとか音楽だとか○○だとか。赤裸々な日常日記。

 

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2020/7/30

一週間ぶりに出社。

最寄駅から歩くつもりだったのだけど、地震の緊急速報(ガセ)が鳴り響き、加えて雨まで降り出したので、予定を変更してタクシーで乗りつけることにしました。

意志薄弱と言われるかもしれないけど、左肩は患部だし、荷物は右肩に掛けている、となると、傘はどうすんの?って感じで。

1500円掛かったけれど、変な話、このために今まで働いてきたんだよねと言い聞かせながら(笑)。

でも帰りはきちんと歩きましたよ。

腕さえ吊ってなければ元気なもんです。

で、知人に言われてチェックした保険、見事に傷害保険は入っていませんでした。

生命保険は財テク(?)のために入っているようなものなので、もう潔いくらいの特約の無さ。  

あるとしてもリビングニーズ特約くらいの話で。

音楽系の知人との付き合いで入った医療保険にはさすがにいろいろと保障が付帯されていたけれど、アタシの場合は入院も手術もしていないからこちらも空振り。

いじましくクレジットカード付帯の保険もチェックしたけれど、実家に泊まっている場合には除外されちゃうのよね。

チーン。

別に儲けるつもりもなかったけれど、お金の一つも入ればテンション少しは上がるかと思ったのだけど、そんなに美味しい話はそうそう転がってはいないわよね。

0

2020/7/29

週末の父との4日間を振り返る。

最後は骨折という形で味噌を付けてしまったけれど、あれは有意義な日々だったな、と。

夜が来る度に幻覚や幻聴に悩まされる親に付き添うのは正直楽しいものではない。

それも基本的には怪談めいたもので、怖がりのアタシとしては鳥肌が立つようなものでもある。

あの日も念仏が聞こえるだの、壁にアタシの首を絞めようとしている人がいるだの。

ひい。

しかし昼間はとても貴重なもので、今まで聞いたこともなかったような昔話や思い出話を聞くことができる。

巣立つということ、独り立ちするということはつまりはそういうことなのだろうとは思うけれど、如何に長い間、親との時間を疎かにしていたのだろう。

そして親と一緒にいた就職するまでの時間にせよ、なんと狭い視野で親のことを見ていたのだろう。

この日々はもしかしたら親子関係や家族というものを再体験追体験するために与えられた貴重な機会なのだろうか。

そんなことすら思う今日この頃です。


0

2020/7/28

人のご好意に甘える日々。

今日は思い切ってお風呂に入りました。

怪我した部位の湿布や絆創膏を変えたり、三角巾で腕を吊り直すのはそれなりに苦労はあったけれど、まっ裸になるので濡れるのを気にしなくていいのは却って楽チンでした。

気分もとてもサッパリするしね。

しかしこうなるとなんで電気ひげ剃り機を買ったのかがよく分からなくなってきた。二万円以上したのに(笑)。

そんな3日目だけれども、課長さんから言われた「どんなにことにも必然はあるんですよ」という言葉が胸に残っており。

仏壇に備える花を摘んでいて骨を折るとは、神も仏もあったものかとアタシもちらっと思ったし、姉も言っていたけれど、意外や意外、テンション的にはむしろ上がっていて。

母が入院してから、というか、父の認知症が進んでからのこの1ヶ月あまり、気がつくとネットでその症例に関する情報を漁る日々だったけれど、変な話、この3日間はそういう日課から離れている。

もちろん姉と頻繁にLINEでやり取りして父母の状況は把握しているのだけれど、先のことを考えすぎて落ち込まないというか。

なるようにしかならないし、なるようになる。

もしかしたら仏様がこのことに気づかせてくださるためにちょっと荒療治を施してくださったのかな。

そんなことすら思ったりするのでした。



0

2020/7/27

午前休をもらって近所の整形外科へ。

昨日の診察の通り、上腕部の骨にヒビが入っていました。

ここの部位のヒビであればギプスも添え木も不要、一ヶ月ほど腕を吊っていれば自然治癒するとのこと。

不幸中の幸いというべきか。

幸い痛みも少なく、夜中もうなされることなく熟睡てきるのはいいけれど、昨日には見えなかった内出血がひどいことになっていて、これだけ血が出ていたら、貧血というか疲れやすいのは仕方ないかとも思ったり。

そんな中、はやかわさんからのお見舞いメッセージや近所のコンビニの顔なじみの店員さんからお声掛けをいただいたのは、心温まる出来事でした。

ただね、やっぱり大変なのは身の回りのこと。

洗顔も洗髪もひげ剃りも一応はできたけど、時間の掛かること!

それに何より着替えがこんなに大変だとは。

上司の計らいで今週は基本的に在宅で勘弁してもらうことになったけれど、これは心からありがたいと思いました。

0
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/7 
 

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

メッセージBOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ