2018/9/24

復活V  

プレイオフ最終戦で、タイガー・ウッズがついに5年ぶりとなる復活勝利をおさめた。

2位と2打差の最終18番では勝利を期待する大ギャラリーがグリーンを取り囲み、異様な興奮の雰囲気の中をパーでホールアウトした。

スーパースターの復活劇は、派手なプレーではなく静かな熱い戦いに重量感のあふれるショットを続けた。

強いタイガーが戻ってきた。

タイガーの活躍にかくれたが、松山英樹も調子が戻ってきて4位タイの結果となった。

タイガーのあのフィニッシュさえ真似できれば、340ヤードとはいかないまでもそれなりのロングドライブは夢ではないはずと、鏡の前で入念にチェックする今日この頃の今しがた。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ