TAKAYUKIBUROGU

 

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:SiD
パンクな若者を演じた役者さんは、この役のために坊主にしたとしたら凄い役者根性。坊主になってからの方が甲本ヒロト風でパンク寄りですね確かに。

モモコがパンクなユウコを見て「サイテ〜」というシーン、モモコの右隣りのサナエはこのあと5回登場します。

バリカン婆々と格闘するユウコを木陰から見守るシンスケが、「もしかして・・・」とつぶやいた後、ポワトリンを思い描くシーンの立ち回りは花島優子ではなくてスタントダブルの飯干隆子。最終話で顔出しします。

シンスケの部屋の壁に貼ってあるポワトリンの写真は、いったいどうやって手に入れたのか?とても気になって仕方ないです(笑)

ポワトリンのふんどしイラストは『まいっちんぐマチコ先生』テイストで、臀部を大写しにするカットは子供向け特撮ドラマとしてはなかなかに攻めている気がするのは過剰反応?坂本監督の真骨頂ですね(爆)

シンスケがポワトリンユウコにプレゼントした粉せっけんのメーカーは「ミヨシ」。ケンジのとんかつ屋「味よし」を連想させます。そして厳密には違いますけど、ポワトリンがマスクを取ったシーンはここが最初ですね。化粧映えする顔です。

ポワトリンクラブが12話で結成されるとは思えないくらい、ポワトリンの熱狂的ファンなシンスケを蔑むタクトたち。いつから心変わりしたのか?

バリカン婆々のネーミングは、コイデさんとしてユウコの目の前に現れた時に、眉間に皺を寄せて老眼鏡をかけている感じが、前年までフジテレビ系で単発SPが放映されていた『意地悪ばあさん』と見た目の印象が被るので、そこからかも?

高いところから決めポーズを取って名前を名乗る凛々しさは、水戸黄門の印籠的な様式美に満ち溢れていて、歌舞伎だったら大向こうから掛け声が聞こえてきそうです。その役を相対する怪人や助けを求めるタクトたちが請け負ってる気もします。

是非パンクユウコとふんどしポワトリンのイラスト、お願いします!

http://i1990.blog.jp/

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ