2009/4/9

寺と桜  

仙台に戻ってカラダが変わり、酒をのまなくなった。のみたいとも思わない。のまずに寝れる。で、朝が早い。

3日前から、早朝ジョギングを始めた。連坊小路のアパートから、寺町あたりを、15分ほど、ゆっくり走る。

今朝は桜が満開で見事だった。走りながら、なぜか、往年のアイドル歌手、桜田淳子の名前を思い浮かべ、それに亡妻の名前を組み入れて、「本日、世界は桜田○○子晴れだ!」などと声に出し、独り、盛り上がった。

昨日から、ジョギングコースを変えた。遠回りして、両親が眠るお寺の墓地横の緑道を駆け抜ける。

父と母は墓石の下で眠り、わたしはまだ生きていて、お墓から30メートルほど離れた、草生す石畳の小道を走っている。その単純さが喜ばしい。

「走らい(走りなさい)」と、母の声が聞こえる。「うん、走る」と、わたしは答える。

地元紙、河北新報の夕刊、1面トップに、わたしが暮らしだした連坊小路の商店街(「どういうわけか、「むにゃむにゃ通り商店街」という)が「近隣のお寺の桜を紹介する」「さくらマップ」を作った、との記事が出ていた。

カラー写真満載の「豪華マップ」だそう。
これまたひとつの、堂々たる出版文化の華である。

寺と桜、死者と生者……

桜のそばには文化の花も咲く。
0



2009/4/9  20:40

投稿者:hagu

桜を眺めながら、季節の巡りに感謝。
希望は目に見えませんが、走る時に握る手の中にあるんだろうと思います。

http://d.hatena.ne.jp/siniaimacoco/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ