一番町日記  一番町界隈

一番町から新寺に移りましたが、ブログのタイトルは一番町日記のまま残しておきます。新寺は、名前の通り由緒ある寺町。サクラの見頃を迎えています。
http://homepage2.nifty.com/forest-g/
6

2017/11/20

自由人物理発売開始  新刊

東京大学名誉教授の西村肇さん著
「自由人物理 波動論 量子力学 原論」が発売になりました。
420頁、上製、定価は3800円(税込)

20世紀最大の人災・水俣病の最難関問題であったメチル化学の
生成機構を完全解明した「水俣病の科学」がさらに進化。
0

2017/10/21

自由人物理 11月中旬発売  新刊

「自由人物理」の発売が11月中旬になりました。

■タイトル:「自由人物理 波動論 量子力学 原論」

■著者 西村 肇(東京大学名誉教授)

■体裁 A5判 420頁 上製

■定価:【本体3518円】+税

■内容

20世紀最大の人災・水俣病の原因と因果関係を科学的に追究した『水俣病の科学』(毎日出版文化賞受賞)の著者がたどり着いた新しい化学結合論とは? 自由人の発想が現代物理の混迷と謎を解明する。

■目次

出発インタビュー なぜ自由人物理なのか

◆第一部 

T Newtonの偉大と英国物理の死 大陸物理の自由と花開いたEuler / U 学問的総合としての

Lagrange力学 / V 場の物理学としてのMaxwell電磁気学 / W 古典力学の総合Hamilton力

学 / 分水嶺 Planck「量子発見」の見直し 

◆第二部 

混迷を見透かす「物理派」眼鏡 / X 言葉で考える物理学 de Broglie (ドブロイ) / Y 量子

力学最高位のHeisenbergを見直す / Z Schrödinger波動方程式とSchrödinger /

[ 見えて来た現代物理の骨格と本質 / 電子こまスピンモデルを見直す新モデルの提案

/化学と物理の断絶なくす新理論  

◆第三部 

自由人物理の歴史と実績          


クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/6/16

増刷のお知らせ  販売好調本

在庫切れとなっておりました「仙台城下の町名由来と町割」の増刷が出来ました。
今回で第4刷となります。
仙台市内の書店でも、街歩きのマップやガイド本がどれも好調な売れ行きだそうです。
今年は伊達政宗の生誕450年で、様々なイベントが目白押しですから、この本も
是非役立てていただきたいものです。
0

2017/1/13

 Earth Remodeling Plans for Tomorrow's Home  新刊

2月の新刊です。タイトルは「Earth Remodeling Plans for Tomorrow's Home −Possibly Eternal Peace of East Asia in the Grobal Warming Era−」

邦題は「未来のための地球再構築プラン −地球温暖化時代における東アジアの恒久平和の可能性−」

著者の江刺洋司さんは仙台市在住。東北大学名誉教授。クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ