キャンパー?きゃんばー?  

 そんなキャンバー、ロッカー効果を図にしてみました。かなり、変態的ですが、そんなにヒカナイデクダサイ・・・  キャーみんなが小さくなっていく〜


 ボードカラー変化はレッドがより強く圧力がかかる部分を表し、オレンジ、イエロー、ブルー、ブラックへと、徐々に弱い圧力へと変化していきます。

あらかじめ、断っておきますが、これは、あくまでも個人的な意見で、すべてのボードに当てはまるものではありませんので、あしからず。

ただのイメージです。イ・メ・−・ジ♪

というわけでキャンバーぼーどから!


皆さんがいままで親しんできたボードのはずですね。


下の画像はクリックすると拡大するはずさクリックすると元のサイズで表示します
センターのブルーは間違えたかな?オレンジからイエローですね、きっと。
上の図のとおり、いいことずくめです。
そんな常識を打ち破るロッカーボードがどんなんだ



そして、ロッカーを2タイプ。
なぜ2タイプかというと、とりあえず、この2タイプに分けられるものが多いからです。●●●●とか、●●とか、●●●●●も、●●●●も、●●●●●とかね。


まずはこちらです。
かの有名なさんはコチラです。
他にもいろんなブランドが採用しているロッカーの王道。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、どうせなら作っちゃえってことで、更なる反りを加えられてコイツ。
上のセンターロッカーと合わせて、両方採用しているブランドも少なくない。
クリックすると元のサイズで表示します



僕的はロッカーボードで一番感動したのはサイドの雪の段や壁への当て込み、パウダーの浮力、プレスの初動の超柔らかさです。

当て込みなんて、もう、そリャ〜ペロ〜ンです、ペロ〜ンって飛べます!きっと、ログとか壁の上にあったりして、当て込んだら、ベロ〜ンって、乗り上げますね、きっと!

パウダーなんて、バランス崩して前足に乗り込んでもボヨ〜ンって浮いてきますよ。
プレスなんて、テールが90度まで、反りあがります!


でもね、いいことばかりじゃないのも確か。

オーリーのきっかけがない!いや、ないわけじゃなくて、オーリーのポイントが足の真下というか、近いというか・・・キャンバーボードと比べたらですけどね。

当然グラトリの高回転には向かず、シーズ一押しブランド●●●●11の●●と●●●ーさんは”好きじゃない!”と公言してました・・・




でも・・・



ロッカー・・・
どうなんですか?と聞かれたら、答えます。。。

「超面白いです★」

そして、皆さんのニーズに答えると・・・
きっと、オススメするのはロッカーボードじゃなくなります・・・



そりゃ〜そうです



ロッカーボードの乗り味自体が新しいからそのニュースタイルがニーズなわけがないですよ




たとえるなら、カレーとスープカレー、どっちが好き?




比べるものではないですよ!と、僕は思うのですが、
カレーというくくりなら選ばなくちゃならない・・・





バートンとゼロワンワン、どっちがいいですか?




質問が大枠すぎますよ!
バートンのフィシュとフラットキング比べれません






ロッカーの存在意義はどこにおけば良いのか?


 グラトリ?いいけど、トリック次第〜

 パウダー?これは間違いなくいいけど、それだけじゃないでしょ〜

 キッカー?エッジが抜けそうなイメージあるけど、世界最強のライダー”トラビスライス”使ってるし。

 ジブ?これもいいけど、トリックによるでしょ〜

 カービング?これはないかも・・・

 レース?それように開発すればありうるな・・・









答えはロッカーボードを使って、今シーズンを過ごすアナタにしか、わからないでしょう・・・



僕?



 秘密






ご意見、ご質問等はまったくイリマセン。
ただ大騒ぎなので、明日には忘れてくださいね





あああ〜何買おうかな〜







結局乗りたいんじゃ〜ん!?








17



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ