みやび流押絵  お知らせ

ようこそお越しくださいました〜
130年目を迎える みやび流押絵3代目の小西松甫(こにししょうほ)です。
押絵の作品だけでなく、心動かされた一コマや、”顔”に見える写真、川柳などを
書き綴っています。
心が疲れ、気持ちが落ち込みそうなとき、ここでちょっとひと休みなさいませんか?
ニッコリ、ほっこり、元気が出るかも〜〜

今日のブログは<今月のお知らせ>のず〜〜〜っと下をご覧くださいね

FB(フェイスブック)にも参加しています。
ブログとほぼ同じ投稿ですが、フェイスブックだけのネタもありますので、
こちらのアドレスからご覧くださいね。
https://www.facebook.com/MiyabiLiuOshie

<去年の出来事>
11月3日、「みやび流押絵」に芦屋市民文化賞が授与されました。
130年に亘り、押絵の技を受け継ぎ、その作品によって、海外への発展、交流を深めてきたとのことで、有り難く頂戴いたしました。
これもひとえに、長年ご支援くださる皆さまのお蔭と、心からお礼申し上げます。

<自由参加型 芦屋教室> 来月は・・・
2018年7月21日(土)10時〜12時  
芦屋市民センター 403号室
阪神芦屋北へ徒歩7分 JR芦屋西へ5分
<参加費> 1000円 
<教材費> テーマにより 3000円程度〜 
3日前までのご連絡で、いつでもご参加いただけます。
ご希望の方は、松甫の携帯まで、よろしくお願いいたします(090-2703-5613)

2018/6/22  23:59

梅雨のエコールドロイヤル  こんな押絵(押し絵)がありますよ

クリックすると元のサイズで表示します
第4金曜、地震から初めてのロイヤルホテル教室でした。
今回はもちろん、23年前の傷跡や悪夢を引きずる方々もおられましたが、
とにかく楽しい時間を共有できることに感謝しながら、
来月の文化祭に向けて、頑張っていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します
今もまだ、ガスが通らない中、不自由な毎日を送る後輩のN村君。
すっかり、おばさま達とも仲良しに!
前には、仕上がったうちわ「水引草と風鈴」が。

クリックすると元のサイズで表示します
K野さんの「金時豆売り」
文化祭では、お豆売りまくりの予定〜

クリックすると元のサイズで表示します
Y本さんの「傘の華」
こんな美人が6人勢ぞろい〜

クリックすると元のサイズで表示します
いつも笑顔のY本さん、ハコベリュックにはキュウリが入ってました。

クリックすると元のサイズで表示します
T中さんの縦型ハコベルには、持ち手と同じ、涼やかな朝顔が

クリックすると元のサイズで表示します
23年前の地震から、手を付けるお気持ちのゆとりが無かったH本さんの作品たち、
ようやく今、まとまって完成の日の目を見ることができました。
今日も皆さま、お大変な状況の中から、お越しいただきありがとうございました。

2018/6/21  0:48

地震筋梗塞  あれやこれや

クリックすると元のサイズで表示します
地震発生の一昨日は、とんでもないタイミングの日でした。
実は6日の水曜日、父が心筋梗塞で緊急入院し、無事助けて頂けたのですが、
その退院予定が18日の朝9時半。
地震直後の渋滞を潜り抜け病院に着くと・・・
まさかの、というか、当然のエレベーター停止!
3階から最後のリハビリでした。
これでまた心筋梗塞になったら笑える…いえ、笑えません
阪神淡路の時以来、23年ぶりの心筋梗塞。
筋金入りの心臓で、これまでより強くなるかも…
父の不在をご心配いただきました皆さまには、
事後報告でまことに申し訳ございませんでした。

2018/6/20  23:59

地震二日後神戸教室  こんな押絵(押し絵)がありますよ

クリックすると元のサイズで表示します
一昨日の地震から二日が経った第3水曜、
ミント神戸17階の神戸新聞文化センター教室でした。
23年前、全壊の経験をしたにも関わらず、あまり学習していない私と違い、
防災グッズを玄関に常備されているK原さん。
「玄関に置くのは貧乏くさくてイヤなんですけどね…」と
いえいえ、立派な心掛けです!

クリックすると元のサイズで表示します
23年前、大地が揺さぶられたせいか、
街のあちこちにこのポピーが咲き乱れました。
神戸人にとっては、一昨日よりも23年前のお話で盛り上がった教室でした。

クリックすると元のサイズで表示します
このパンダたち・・・

クリックすると元のサイズで表示します
こうなります

クリックすると元のサイズで表示します
目玉オヤジかと思いきや、T井さんがもらわれたトルコの魔除け。
危ないことに出会ったりすると、どんどん無くなっていくそうです。
厄落とししてくれるんですね!
今回の皆さんの厄も、落としてくれますように・・・
お足元の悪い中、今日も皆さまありがとうございました。

2018/6/17  23:59

「現代川柳」第8回川柳大会  川柳

クリックすると元のサイズで表示します
毎年この時期、私にとって最大のお楽しみ、川柳大会。
所属する「現代川柳」の10周年を記念した大会でした。
今年はギリギリまで参加が危ぶまれましたが、無事叶って嬉しい日曜日に!
全国から100名を超える方が神戸に集まられました。
自分の投句した句が選ばれるかどうかも、大きな楽しみですが、
選ばれた皆さんの素晴らしい句を何時間にもわたって聞けるなんて、
こんな贅沢な時間はありません。
今回、嬉しいことに、10のお題の中、3句を選んで頂きました
聞いて下さ〜い

 「祭」  祭囃子落ち込んだ血がよみがえる

 「狐」  ひとり立ちキツネに習う親も子も

「 卵」  もう少し卵でいます ねぇ母さん

自分が煮詰りかえってどうしようもない時、川柳という逃げ道を持てていることに
心から感謝しています。

2018/6/16  16:16


クリックすると元のサイズで表示します
第3土曜日、梅雨とは思えない爽やかに晴れ渡った芦屋市民センター教室でした。
富士さんレディが3人!!
次回にも、お一人が完成予定
今日はCHICのHelenさんもご参加です。

クリックすると元のサイズで表示します
同じくCHICのJessicaさん、朱夏の女が完成!!

クリックすると元のサイズで表示します
お嬢ちゃんのJoannaちゃんも押絵がとても気に入られ、前回に続き2度目のご参加。
朝顔のうちわが綺麗に仕上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します
高砂からお越しのY村さん、熨斗の犬張子が完成!!
お仕事の合間で押絵を楽しんでおられます。

クリックすると元のサイズで表示します
I原君の兜が出来上がり、前のお席からは拍手喝采!

クリックすると元のサイズで表示します
O本さん、うちわのうちわが綺麗に仕上がり、この笑顔

クリックすると元のサイズで表示します
今日も皆さま、ご参加いただきありがとうございました。

2018/6/13  23:59

梅雨の晴れ間の京都教室  こんな押絵(押し絵)がありますよ

クリックすると元のサイズで表示します
6月の第二水曜、梅雨入りしたばかりの京都教室でしたが、
朝から爽やかに晴れてくれました。
それに・・・
不思議なくらい道がガラ空き!!
何か規制でもしてるのかしら…?と思うくらいでした。

クリックすると元のサイズで表示します
梅雨のうっとおしい時期、I藤さんのこんなお花で
気分をスッキリ、お元気にお過ごしください!

2018/6/12  23:59

シャングリラホテル  今日の感動

クリックすると元のサイズで表示します
(画像はお借りしました)
トランプさんが宿泊されたシャングリラホテル、
30年前、シンガポール展で生徒さん達と滞在した懐かしいホテルです。
皆さ〜ん、覚えておられますか〜?
到着してロビーに下りて行くとき「昴」の生演奏が!
かつての仲間が作った名曲に迎えられ、
胸が熱くなった感動は今でも忘れられません・・・
て書いたら聡甫が、
「どんだけ自慢なん?」て
でも、ホントのことですもんね〜

2018/6/11  23:59

6月のCHIC教室  こんな押絵(押し絵)がありますよ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
第2月曜、六甲アイランドにあるCHIC(Community House & Information Centre) House & Information Centre)教室でした。
この夏ドイツへ帰られるChrisitianeさん、最後のお教室でした。
2度に亘る来日の間に、春夏秋冬の4部作を完成。
とても熱心に押絵を楽しんでくださいました。
ベルリンのお家にこれらの額を並べて、日本での日々を想い出されることでしょうが、
とても淋しいです・・・
長い間、ありがとうございました。どうか、お元気で。

クリックすると元のサイズで表示します
4年前、最初に作られた「桜狩り」

クリックすると元のサイズで表示します
続いて作られた「紅葉狩り」
春と秋の大作を日本の想い出として、ドイツへ戻られることに。
もう押絵はできないと諦めて・・・

クリックすると元のサイズで表示します
一昨年、再び2年間、日本に赴任されることになり、まずは「朝顔」を。

クリックすると元のサイズで表示します
そして今年は「雪」を完成!
これで、日本の四季が揃いました。
再び会えるとは思いもしなかっただけに、一昨年の喜びは格別でした。
それからは、月へ帰るかぐや姫を見守る心境で・・・
きっといつかまた、お会いできるのを楽しみに


2018/6/10  23:59

水に流そうぜ!  街の顔

クリックすると元のサイズで表示します
バリ料理店「テラン・ブラン(Terang Bulan)のトイレで笑ってました

2018/6/9  23:59

バリ料理「テラン・ブラン」  美味しいもの

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
大阪のオフィス街に、バリっぽいお店が!!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
以前のお店の時から仲良しのデワさん、
新らしくできたバリ料理のお店「テラン・ブラン」へ早速

クリックすると元のサイズで表示します
13日がグランドオープンなので、今はランチだけ。
ナシチャンプルーとバリカレーを頂きました。
あっ、二人でね

クリックすると元のサイズで表示します
ランチにはスープとサラダもついてます。
懐かしさと美味しさで、元気いっぱいに

クリックすると元のサイズで表示します
奥にはカウンターもあり、とてもオシャレな内装とBGMに気分はすっかりバリ〜
ハラールなので豚肉は使わず、ムスリムの方も安心してどうぞ
クリックすると元のサイズで表示します



2018/6/8  23:59


クリックすると元のサイズで表示します
アジサイが見事な6月第2金曜、リーガロイヤルホテル教室でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
来月の合同作品展に向け、完成した生徒さん、
これからまだ取り掛かられる方々…
いつものことながら、和気あいあいの2時間でした。
今日も皆さま、ありがとうございました。



2018/6/6  6:06

オーメンの誕生日(^0^)  こんな押絵(押し絵)がありますよ

クリックすると元のサイズで表示します
6月の第1水曜、展覧会が終わってすぐの神戸新聞文化センター教室でした。
布を面白く使ったK原さんのタケノコ。

クリックすると元のサイズで表示します
ダレかの完成は、みんなの喜び〜

クリックすると元のサイズで表示します
S川さん、ハコベル用に蝶々完成!

クリックすると元のサイズで表示します
蝶々いっぱいの長額を作っておられる途中ですが、カバン用に3頭だけ仮止めに。

クリックすると元のサイズで表示します
往復時間の方が長いS谷さん、お屏風用に御所人形を作りためておられます。

クリックすると元のサイズで表示します
いつでもどこでも、女性にいっぱい囲まれ、笑顔のデカイ男先生
今日も皆さま、ご遠方からありがとうございました。

2018/6/4  23:59

62年ぶりの修復完成物語  こんな押絵(押し絵)がありますよ

クリックすると元のサイズで表示します
今から62年前、初代絹甫が86歳の時、森山家の先代様からご依頼を受けた「御台所行列部分」の押絵。経年の劣化や震災による傷みを修復するというご縁を頂きました。現在のご当主、森山先生が、たまたま私をフェイスブックで見つけ出して下さったおかげです。
この完成に至るまでの過程を、まとめてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
これが62年前の「八十六歳 絹甫」の作品です。

クリックすると元のサイズで表示します
地震で落ちた割には、ガラスが入ってなかったのが幸いしたかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
表は勿論、裏も指が当たればブスブスと。

クリックすると元のサイズで表示します
布が完全に消失し、中の綿だけの状態に。
このお小姓は、し直さなければなりません。

クリックすると元のサイズで表示します
傘もビリビリ状態。元は真っ赤な傘でした。

クリックすると元のサイズで表示します
「八十六歳 絹甫」の書き入れ。この部分は活かさなければなりません。

クリックすると元のサイズで表示します
不思議に顔は、ほとんどそのままの状態を留めています。

クリックすると元のサイズで表示します
額をお願いする表具師さんに、書き入れと押絵の部分を剥がしてもらいます。

クリックすると元のサイズで表示します
押絵を外すと、以前は銀箔に貼ってあったことがわかります。
こうして裏を見ていると、当時の仕事場の様子や、6歳の頃の自分の姿までが浮かび上がってくる気がします。

クリックすると元のサイズで表示します
当時はパーツの組み上げに、新聞を使っていたようです。
「ザール協定」や「田中千代」などの文字が・・・

クリックすると元のサイズで表示します
恐る恐る部分を分解し、触らない方が良い部分はそのまま残します。

クリックすると元のサイズで表示します
経年の風合いは残しながらも、少しはやはり新しくなった感じも出したいし・・・
で、3階にある古代裂の中から紅色の古代更紗を見つけ出しました。
当時使っていた200年近い物ばかりです。

クリックすると元のサイズで表示します
お小姓が生まれ変わりました。

クリックすると元のサイズで表示します
赤い傘の布は、当時使ったであろう布で作り替え、骨と鶴を描き足しましたが、
何しろ古い布なので、ちょっと力を入れるだけでビリッ!
気を付けて気を付けての作業でした。

クリックすると元のサイズで表示します
貼り替えが不可能な穴の開いている部分は、繊維を1本づつ縦横に糊で埋めました。

クリックすると元のサイズで表示します
これが元の版画です。

クリックすると元のサイズで表示します
歌川豊国さんの原画で、多分三代目さんくらいでしょうか?
六代目の豊国さんとは、お世話になっていた大阪大丸の美術画廊で、たまたま展覧会がお隣どうしだったご縁で、お親しくさせていただいておりました。

クリックすると元のサイズで表示します
新しい額ができてきました!
バックの紙は、手漉き和紙の墨色。縁の木は、中タメ塗の艶あり。
どちらもご夫妻が、時間をかけてお選びいただいたものです。
縁には、織悦さんの龍や蝶の柄が入った帯地を回してもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ台紙に貼りつける瞬間。
ここで汗がポタリ…なんてことの無いように、この姿。

クリックすると元のサイズで表示します
最後の傘を貼りつける時、ふっと頭をよぎったのが、北斎の娘、お栄さん。
自分の作品もすべて、北斎の名前で世に出していたのですが、分からない形で「お栄」と書きこんでいた話・・・
私も、今年で終わる平成と松甫を書きこみました。「お栄」ならぬ「お松」

クリックすると元のサイズで表示します
完成した額を仕事場の玄関に。
「こんなに甦らせてくれて、おばあちゃんもきっと喜んでくれてるわ!
このまま置いときたいくらい・・・」と絹甫も感動してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
お届けした森山家でも、箱からお出しした途端、
「ようなったね〜!」と先生。
「うわ〜〜、鳥肌立つわ!!」と奥さまも、とても感激してくださり、
これまでに経験したことの無い達成感に、心から感謝いたしました。

クリックすると元のサイズで表示します
お床にピッタリと納まり、記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
私も記念に撮っていただきました
有り難いご縁に感謝し、お納めして帰る時、何ともいえない喪失感に襲われ、
思わず奥さまに「あの子を末永くよろしくお願いいたします」と・・・
奥さまは「我が家の宝として、ずっと大切にお預かりいたします」
これからもまた、ず〜っと大事にして頂ける幸せな子です。
本当にありがとうございました。

2018/6/3  23:59


クリックすると元のサイズで表示します
神戸新聞文化センター合同展、最終日でした。
幕開けは雨でしたが、その後お天気に恵まれ、懐かしい再会もあったり、
ご多忙の中、お越し下さった皆さまに、心からお礼申し上げます。
スタッフ関係者の皆さま、ご参加いただいた生徒の皆さん、
5日間、ほんとにありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
他教室の皆さまどうし、仲良しです

クリックすると元のサイズで表示します
最近ご体調が良くなかったE木さんも、今日はこの笑顔!

クリックすると元のサイズで表示します
このところ、スランプで創作意欲がわかないと仰るお弟子さん、岩合先生

クリックすると元のサイズで表示します
神戸教室の皆さま、お疲れさまでした!!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ