2009/5/18

カワセミのランチタイム1.  写真

カワセミを待つ場所は3,4箇所あるが、滅多に遭い出すことは無い、私に自由になる時間が少ない、だから精々1種類の野鳥をじっと辛抱して、待つことが出来ない。

今日のは一時間強諦めようと思い始めて、間も無くの偶然の賜物である。
望遠と腕が付いてこない、ギリギリの撮影である。


カワセミ君の捕食は努力の賜物、止まり木から大変な努力で川面を見詰める。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


見つければ瞬間の動きをする、私の腕では滅多にその瞬間をゲットできない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

彼の動きは正確で一寸の狂いも無駄も無い。

クリックすると元のサイズで表示します

瞬間の早業、目にも留まらぬ正確な動き。
彼は狙いは確実に獲物をゲットした


クリックすると元のサイズで表示します
そして瞬間水面を後にする。
彼の動きは優美で人間は決して真似できない動きであろう


クリックすると元のサイズで表示します

餌をゲットし見詰めていた場所に戻ることはまれである、しかしこの時は今しがた飛び降りた場所に餌を咥えて舞い戻った。
これも私に取って又とないチャンスでも有った。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

彼の動きは瞬間、獲物を確実に胃の中へ入れるまで、予想できない動きもする。
この撮影はカメラを三脚から外して、手持ちの状態で追っかけたものだ。

諦めた時間がこのチャンスとなった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ