2012/6/16

11月3日 ライブ その前にエイサー  音楽

終わったばかりですが、つぎのライブは11月3日(土)に決定したそう。
文化の日に相応しいライブとしましょう!

あ、その前に8月19日(日)に地元の年中行事ともなった鶴見仲通でのエイサー道じゅねーが。
その練習もあるんだったなぁ。

6月のライブは新曲が大半で30曲ちかくぶちかましましたが、練習回数が5回くらいととっても厳しかったので、次回は少し余裕ある選曲にしていただきたい→バンドの皆様へ。

今回はロックメドレーがとっても楽しかったのは単に自分のルーツ的音楽が多かったこともあるんだけども、やっぱり手馴れてやれる曲は「譜面を頼りにしなくていい」という安心感によるものではないかと。
のわりにはけっこうとっちらかってしまったりして、反省多々ですが。

自分がギターを本格的に始めるきっかけになったのはやっぱり当時全盛期だったハードロックにあるのだと思います。そう、Deep PurpleとかLed Zeppelinとかね。
でもその前に小学生から中学生に至る過程で大きな影響があったのはやっぱりBeatlesと、70年代前後を席巻した今で言うソフトロックとかパワーポップとか、ヒットチャートをにぎわせていた音楽だったように思います。

そのなかのひとつがBread。

David Gatesを中心としたソングライター、、ミュージシャンの集まりで「If」や「灰色の朝」「Make It With You」など数々のヒットソングを生み出してました。
なかでも「ギターマン」はオブリやソロで活躍するワウワウギターの音色と、ロック色の強いアレンジが効いた印象深い一曲。
なぜだかDavid Bowieの「Star Man」ともかぶってる印象があるのは単に言葉の響き?かな。

たまにはこんな路線の曲はどうだろうかな。。。


こちらは「Star Man」ね。David Bowieはまさに「宇宙から降りてきた男」よね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ