2009/1/25

Susan Tedeschi新作ええねぇ。  音楽

昨年11月にリリースされたSusan Tedeschiの新作、ようやく入手しました。

クリックすると元のサイズで表示します


Bonnie Raittのフォロワーとしてピカイチの活躍中の彼女、今回も太い音作りでかっこいいです。
ダンナのDerek Trucksの新作もよさげですが、この二人の活動はいつも対になっているようなので、どちらの作品も聞き比べていくと面白いかも。
Susanはアメリカのルーツに根ざしつつ、Derekはよりコンテンポラリーというのか。

今回のアルバムは彼女のオリジナル中心にAllan toussaintの作品、それとTony Joe Whiteとの共作もあり(もうスワンプ色どっぷり!)、どの曲もルーツに根ざしたアナログな手触りです。
使用された楽器類も60年代の名機ばかりだし。

アルバムのなかでも"People"という曲はちょうど大統領選のさなかでもあり、強いメッセージ色のある曲。メロディもDerekのソロもごきげんです。

彼女自身、ホームページのなかでその思いを話していました。
http://www.susantedeschi.com/quicktime/6.html
この映像の下に曲もリンクされているのでぜひご試聴を!

それにしてもほんとにアメリカのミュージシャンは民主党シンパが多いですね。
こないだの就任式のイベントでもそうそうたる連中が歌ってたし。

ま、ブッシュ時代がようやく終わったというだけでお祝いする価値はアリだわな。




0



2009/1/26  12:45

投稿者:へびG

>Daddy♪さん
ダンナのDerekも彼女の存在なくして今の活躍はなかったかもしれません。
なんかそんな夫婦以上のミュージシャン同士のつながりが素敵です。
ジミー・ヴォーンなくしてスティーヴィー・レイ・ヴォーンなしみたいな?

ギターはあくまで彼女の表現方法のひとつなのだなぁと思います。
あの独特の味もまた美味なり、というか(笑)

2009/1/25  18:26

投稿者:Daddy♪

良いブルーズですね。(^。^)
シャガレ声がいかにもBonnieを彷彿とさせますね。(笑) 良い声です。

彼女はギターはもうちっと勉強した方が良いかもしれないけど、バックのメンバーの演奏は素晴らしいですね。(^。^)

また、ブルーズを演奏したくなりました。(笑)


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ