ラテンなニュース

仏、伊、羅語メディアが伝えた話題についていじくっていくつもりです。

 

カレンダー

2017年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

連絡

gumizaveseアットマークyahoo.co.jp

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:GUMIZAVESE
まったりさん
最近はこのBLOGのエントリーを書くのに忙しく、時間がありません・・・。私はローマに旅行でちょっとだけ言ったことがあるのですが、あまりに暑くてへばった思い出ばかりが残っています。
投稿者:まったり
ネタばらしになってしまいますので内容はあえて触れませんが、いったん読み始めると止められなくなりますので(笑)時間のたっぷりあるときに読まれると良いと思います。
私の愛読書は塩野七生の「ローマ人の物語」ですので
ローマには一度は行ってみたいのですが、お金と暇が〜
GUMIZAVESEさんがうらやましいです〜

http://blog.livedoor.jp/p-6126012
投稿者:GUMIZAVESE
まったりさん

いつもお世話になっております。

おお、そういう小説があったのですか!コンクラーベはシスティナ礼拝堂でやるそうで、小説の舞台としては最高ですね。ローマカトリックはかなり政治的な力もあるので(一度大晦日のミサに行ったことがあるのですが、その読まれた教皇のメッセージはまるで政治家の演説でした)、スパイ疑惑はない方がおかしいのかもしれません。
投稿者:まったり
「ダヴィンチコード」で有名なダン・ブラウン作の
「天使と悪魔」という小説がコンクラーベを扱っていてとても面白かったです。
やはり古今東西問わず、権力にはきな臭い
権謀術数が付きまとうものなのでしょうね。

http://blog.livedoor.jp/p-6126012
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ