ラテンなニュース

仏、伊、羅語メディアが伝えた話題についていじくっていくつもりです。

 

カレンダー

2017年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

連絡

gumizaveseアットマークyahoo.co.jp

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:GUMIZAVESE
>とんぼがえりベイビーさん
はじめまして。TBありがとうございます。また、記事を拝見せていただきました。私自身、今回のパリ市長発言とアルジェリア側の反応を読んでみて、どういうことなのか、いまひとつ分からないことも多いので、また、いろいろと教えていただければ幸いです。

>ko-bar-berさん
世界のなかで日本がこんなに謝っているのは珍しいのかもしれませんね。ヨーロッパの植民地大国はどうなっていくのでしょうか。例えば、イギリスが植民地支配を謝りだしたら、アメリカという国家の位置付けはどうなってしまうんだろう、とふと考えてしまいます。

>まったりさん
簒奪か、近代化の手助けかというのは、難しい問題ですね。南米のように言語、宗教ともに宗主国のものに同化してしまっている場合、西アフリカのように言語(公用&高等教育言語)は同化しているけれど、宗教はそれほどでもない場合、東アジアのように、言語、宗教ともに同化されていない場合等の条件により、評価の仕方も変わってくるのかなと思いました。

今日はあまりに暑かったので、サボりました(汗)。
投稿者:まったり
丁寧なご返事ありがとうございました。
こういった流れが世界的な帝国主義の時代の再考察の流れとなるならば、欧米強国の「奪う」植民地政策と日本の「育てる」植民地政策の違いを改めて浮き彫りにしますから、歓迎すべきことだと思います。

今後もGUMIZAVESEさんの記事を通じて(汗)
しっかり見守っていきたいと思います。

http://blog.livedoor.jp/p-6126012
投稿者:ko-bar-ber
世界の流れなのでしょうか?
日本は過去をめぐって中韓とやり合っていますが、欧米列強国は、過去の植民地について、今までほとんど発言がありませんでした。
欧米でもこのような流れが主流になるといいですね。
アフリカや南米など、多くの国が心に傷を持っているのだと思います。

http://kobachan.exblog.jp/
はじめまして
この記事を参考にエントリを立てましたので、TBいたしました。
こんなにいいブログがあるんだと思って驚きました。
私のエントリの内容がそちらの意図とはずれていないか心配なのですが、よろしくお願いします。

http://naruse.exblog.jp/
投稿者:GUMIZAVESE
まったりさん

いつもありがとうございます。
詳しいことは分からないのですが、1995年、パポン裁判に際して、ヴィシー政府の件を謝罪しているようです。でも、アフリカ等の植民地については、参考として上にあげたルモンドディプロマティークやOVNIの記事を見る限り、国家として謝罪するというところまではいっていないような。
投稿者:まったり
いつも良い記事をご紹介いただき、ありがとうございます。私の本日分の投稿に参考記事としてリンクを張らせていただきました。

それと質問があります。
このような旧支配国から旧植民地国に対する正式な「謝罪」への流れは以前からあったものなのでしょうか?

http://blog.livedoor.jp/p-6126012
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ