2011/10/10  22:00

無言館と安曇野  お知らせ

無言館と安曇野ちひろ美術館を訪ねる旅
クリックすると元のサイズで表示します
2011年度「不屈」バスツアー


◇とき:10月12日(水)
    〜13日(木)


◇宿泊:鹿教湯(かけゆ)温泉・ニューかどや

                         (TEL:0268-44-2016)

 戦場に散った画学生たちの絵を展示する無言館。「世界中のこどもに平和としあわせを」と子どもや花を描いたいわさきちひろの美術館。信州の山宣記念碑も訪れます。反戦平和への決意を固め、治安維持法犠牲者を追悼するとともに、深まる信州の秋を満喫し、英気を養いましょう。


無言館クリックすると元のサイズで表示します

 長野県上田市、周りを山々に囲まれた田園地帯の丘の上に、ひっそりとたたずんでいる小さな美術館「無言館」。

 静まりかえった「無言館」の扉を押すと、志を果たすことなく戦場に散った画学生たちの声が聞こえてきます。







クリックすると元のサイズで表示します 絵描きになりたいと願いながら、一枚の画布、一冊のスケッチ帖に「生命の証」をきざみこんで戦地に発った若者たち。

「無言館」館主窪島誠一郎さんは、その画学生たちの遺した作品、遺品を全国各地に訪ね、収集しました。











安曇野ちひろ美術館

クリックすると元のサイズで表示します 青春時代に戦争を体験したちひろは、「世界中のこどもみんなに平和と幸せを」ということばを残しています。






クリックすると元のサイズで表示します ちひろが描いた子どもや花は、今もいのちの輝き、平和の大切さを語り続けています。

 97年にオープンした安曇野ちひろ美術館は多くの人が訪れ、いわさきちひろの代表作のほか、初期の素描、水彩、信州との深い結びつきを示す作品など、約80点が展示され、ちひろの画業の全体像に触れることができます。












山本宣治・高倉テル記念碑

クリックすると元のサイズで表示します
 29年3月1日、高倉テルの義兄弟にあたる山本宣治を招き講演会が行われました。この講演の4日後の3月5日、山本宣治は治安維持法改悪承認の議会にただ1人反対演説をすべく上京しましたが、その夜右翼に暗殺されました。抗議の記念碑が高倉テルの借家の庭に建立されました。



◇申し込み:各支部事務局長
  または和歌山県本部
(TEL/FAX:073-422-7076)

クリックすると元のサイズで表示します


0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ