2011/3/20  20:08

こだま 沖縄はゆすり  不屈 県版

「こだま」

◆アメリカの国務省対日部長(前沖縄総領事)が、「沖縄は建前と本音を使い分けるゆすりの名人と学生に講義したという。沖縄に対してだけではない。日本国民に対するこの上ない侮辱である。沖縄県議会は直ちに抗議をして米大使館に抗議の出向をきめた。◆あわてたルース駐日米大使からの釈明的電話に枝野官房長官は、「不適切、認めがたい」と遺憾の念を表明したそうだ。なんとも頼りない官房長官であることよ。この侮辱に日本国の責任者としてそれだけの言葉しか持ち合わせていないのか。日本部長の発言は「正直」さという点では評価されよう。彼等は沖縄を自らの植民地だと思っていることが一層鮮明になった。思いやり予算のこと、憲法のこと、基地のこと、マア言いたい放題である◆アメリカは当然「謝罪」をするだろう。しかしそれこそ建前と言うものだ。そうしなければ彼らの利益が損なわれるからだ。日本はそれをもって了とするのだろうか。◆菅総理は「遺憾に思う」とは述べる』同時に「日米同盟はこれからも充実させていきたい」と語り、先ずはアメリカを安心させる。この方の頭の中は「日米同盟」しかないようだ。忙しすぎて日本人と日本国の誇りをどこかに忘れてきたの違いない。

不屈和歌山県版 No.235 2面 2011.3.15
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ