2005/7/23  8:24

シベリア抑留補償法案  戦後補償

シベリア元抑留者に補償へ

衆院 共産党など共同で法案

-----------------------------------------
 元抑留者などを対象に未払い賃金を補償する「シベリア抑留補償法案」が二十二日、日本共産党、民主党、社民党の共同で衆議院に提出されました。参議院は、二十六日に提出される見通し。

 法案は、▽シベリアなどへの抑留者が、戦後、極寒の地で強制労働させられた対価として、抑留期間に応じて三十万円から二百万円の特別給付金を支払う▽元抑留者らに慰労事業を行ってきた「平和祈念事業特別基金」を解散し、基金四百億円の財源を特別給付金の財源とする―などの内容です。

 提出後、山口富男衆院議員(日本共産党)、長妻昭衆院議員(民主党)、阿部知子衆院議員(社民党)らは、国会内で元抑留者ら約三十人とともに会見を開きました。

 各党の議員は、「労働の対価は国が責任をもつべきだ。戦後六十年、何としても今国会で解決の道をつけるため、力を尽くす」(山口氏)、「過去の労苦に報いるよう国としての措置をとるべきだ」(長妻氏)、「不払い賃金に対する正当な権利の要求」(阿部氏)などと発言しました。

 「シベリア抑留・未払賃金問題立法解決推進連絡会議」の寺内良雄共同代表は「元抑留者の平均年齢は八十歳を超える。もう明日がない。目の黒いうちに通過させてほしい」と訴えました。

 モンゴルに抑留されていた江藤文英さん(85)=東京・杉並区=は「モンゴルでの強制労働から命からがら帰ってきた。強制労働に対する補償をしてもらうため、これからもがんばる」と決意をのべました。

  2005年7月23日(土)「しんぶん赤旗」
0



2010/8/16  19:01

投稿者:山本 誠

シベリア強制抑留者特別給付金に対しての私の父の問題をここに、提案致します。
私の父は、岐阜県八百津郡八百津町で明治40年9月2日に生まれました。亡くなりました母の旅館に婿養子で昭和25年に入りましたが、その次点では、戦争に出兵されたのが昭和16年なのか17年なのかは解りません。また、岐阜県の記録にも記載されていませんでしたが、おそらく他県で記載されているのであると思われます。平成19年には、特別慰労品の事業の案内が参りましたが、記念品を貰ってもどうなるかと思い、申請を受けていません。今回の特別給付金に対しての説明で家の商売が昭和27年に失敗して東京へ、出稼ぎに出ています。しかし、それからは音信不通となり、今現在生きているか死んでいるかも解りません。このことを素直に平和基金の窓口で相談すると、いかにも死んだ人間をかもにして、生きているようなことを現存する今のご時世のことを言い、その最低な人間を同じような扱い方をされ、「悔しくて貯まりません」私の聴きたかったことは、もし国のために抑留され大変な思いをしたことは、全く無駄で知らないとおまえの親父は解らないから、今更請求など出来ないような言い方でしたので、このようなときには、どのようにすればよいかどうぞ教えて下さい。
福岡 父親の存在する意義を探して、墓に入れてやりたいと思う、1個人です。

2005/7/30  18:21

投稿者:アイ・ケイ日誌

シベリア抑留補償法案

http://wawa.exblog.jp/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ