2013/11/28



ULTRA-ACT ウルトラの母      (バンダイ)/¥5040


ゆかしき、母!
知名度からすると意外なプレミアムバンダイでの受注販売という販売形式がとられましたが、ウルトラファミリーの構成員として絶対に外せない御方がウルトラアクトに登場しました。

ウルトラの母が来た!


何といってもULTRA-ACT初の女性キャラクター!女性的なボディラインが魅力の新素体はどこから眺めても新鮮です。ご覧のように、開き手と(あとでちゃんと解説しますが)『ウルトラマン物語』〜ver.のヘッド装着状態で箱にしまわれていました。








初の女性素体、いいです!ウルトラの母の場合、アスリート体型というよりはこうふくよかな感じが必要だと思いますが、この素体は腰回りのボリュームが大きめにとってあり、立ち姿だけでウルトラの母だという感じがします。

ブーツの底は平ら。アンドロメロスみたいにしっかり造形してあるのかと期待しましたけれども、自立性が悪くなるよりは断然イイですよ。



あと、カラータイマーの色のバリエーションが付属しないというのもイレギュラーな点。あっても無くてもいいけれど、タイマーの赤い母も見てみたかった気も。



顔つきの異なるもう一つの頭部が付属!垂れ目が特徴的な『タロウ』本編に登場した優しそうなお母さんは、これこそがウルトラの母だよという方も多いことでしょうね。



映像では『物語』以降のツリ目母の凛とした感じが好みのわたしですが、アクトの母は断然こっちの垂れ目ver.がイイ!と思います!

おしとやかな感じと言いますか、脆さを感じさせる雰囲気が全体像をより可愛らしく、柔らかく印象付けています。




付属品について。エフェクトパーツ、マザー光線。

やわらかそうなエフェクトですがぶっちゃけ再現度は低めだと思います。

『ウルトラマン伝説』のシャワーみたいなエフェクトの方が良かったかな。












もうひとつの付属品は・・・バケツ。

知らない人からするとなんでバケツなの?といった感じだと思いますが、
タロウに持たせる事の出来るキングブレスレット変形のあの水色バケツ!
この付属品、本気で欲しがっていた人はどれくらい居ただろうか?(笑)


プラ製。専用の持ち手つきの柄もつきます。中に入っている水は取り外しが可能。


酔い覚ませやァ!
タロウの世界観を存分に表現したナイスアイテム!


マントも付けて頂きたかったですが、新旧両方の母を再現出来るかゆい所に手が届く仕様はやはり流石の配慮ですよね。

みなさんはどっちの母がお好き?


わたしはこのアクトに限っては断然垂れ目派ですね!ツリ目の母は……個人差はあると思いますが、おさげと顔の距離など、僅かなニュアンスのギャップが生む違和感が否めません。












(炎0|0)「やあ!兄さんたち!
家族で集合写真を撮ったんだ!!!みんな見てよ!!!」

いけね!こっちは昔の写真だった!!


(炎0|0)「こっちがさっき撮った写真だよ!!!父さんも母さんもみんな変わらないな!!わはは!!」

( 0|0)(0|0 )…「なあ…ヒソ…ヒソ…ウルトラの母…ヒソ…だよな…ヒソ…整形…垂れ目矯正…ヒソ…」







1



2013/12/2  16:24

投稿者:ますこ

7番目の男さん、
確かに〜、前例が殆どないんですよね、ウルトラの母のフィギュアって。
今回出たものはこれで決定版という感じがしますしこれを逃したら数年先は似た製品は見込めなさそうですね。
ソッチ系の趣味の方にも需要が……あるのかは知りませんけど(笑)、認知度からすると意外な恵まれなさですよね。

振り返ってみると今年のアクトは技術的な進歩と自由度の高いアイディアで、幅広いバリエーションを示しファンを楽しませてくれましたよね。今年の最後を飾るザギも勿論予約しております、来年への期待も込めて紹介する側としてもやる気がぐんと高まります!

2013/11/30  4:11

投稿者:7番目の男

親子水入らずなシーンからべリアルへのリベンジまでACTならではの画像 今回も楽しく拝見させて頂きました。

可動する『母』のフィギュアなんてメディコム1/6位しか記憶にありませんが発売されこと自体奇跡的なフィギュアですね、セブンや初代と違い恐らくこれが最初で最後だと思い2個買いしてしまいました(笑)

今年は6兄弟が全員出揃い「母」と同じくまさかのフィギュア化を果たしたジョーニアス、そしてネクサスシリーズと超スタンダードなラインナップと意外性の有る商品群の充実で『ULTRA-ACT』というブランドが盤石なシリーズに成長したように感じます、あくまで個人的な意見ですが…。

来月発売の「ダークザギ」は予約されましたか?もし購入されたのならばべリアルVSザギなんていうアウトレイジな画像を期待しております。

ちなみに私は昭和ヘッド派です!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ