2013/9/23



8.27 追記 拍手コメントを下さった方へのお返事です。

七番目の男さん、おかえりなさいませ!!
『ガイアvsガメラ』、今見返すと稚拙な出来ながら七番目の男さんに見て頂けたのはすごく嬉しいですし、安心致しました!今後もACTを使った作品……とは到底呼べない、何かを製作中でございます。

ACTセブン、旧版リニュ版、個人差こそあれ、どちらも一長一短といった感じですが、リニュ版は6兄弟全員集合の図でバシッと飾れるのは勿論旧版はそれでまだまだ現役続行出来るのは嬉しいと感じます。
仰る通り、旧版の持つ暖かみはリニュ版の目指すスタイリッシュさの対極にあるような気がしますね!

ウルトラのイベントの良さを知って貰えるよう、グッズレポと共にイベントレポもなるべくマメに続けて参ります。

またいらして下さいね〜(^▽^)/






ULTRA-ACT ウルトラセブン      (バンダイ)/¥3675


ウルトラアクト・ウルトラ6兄弟コンプリート計画……
それは、卓上で、手頃かつ存在感を発揮するサイズで栄光の6兄弟を揃えること……
それは、新解釈によってアクションフィギュア然とした姿で甦ったあの憧れのヒーロー達を、ガシガシ動かして遊べること……

思えば昨年の5月、ゾフィーの発売と共にスタートしたウルトラ6兄弟全員アクトで揃えよう!という主旨のこの企画、

ファンは1年と4ヶ月という長〜〜〜〜い間待たされる事になりましたが、この度のリニュ版セブンのリリースで遂に、遂に6兄弟全員集合と相成りました。



パッと初見の印象は「ガッチリしてて、強そう」です。
周知の通りセブンのACT化は今回が二度目。一度もACTになれない奴だっている事を思えばどんだけこのセブンが恵まれているか分かりますが、この逞しい全体像を見ればリニューアルされた甲斐もあろうと納得できるでしょう。


※9.28 追記 記事更新しました。




最初に言っておきますが、出来はすこぶる良いです。塗装も丁寧だし、3Dモデルから作り起こされた造形のシャープさは初期の製品で有り得なかったレベルを実現しています。

それを言ったうえで、ここからは個人の好みなのでいかんともし難い……と言った感じですが、旧版(ver.1のセブン)をかなり気に入ってる自分としては、リニュ版には無い旧版の良さを認めたくなる部分もあり、複雑な心境というのが正直なわたし個人の感想です。

目のオレンジ一色はこれはこれで正しい!正しいのだけれど、オリジナルのTVシリーズのセブンに忠実だった旧版のグラデ目特有の「セブンらしさ」は今回の製品には無いもの。首〜胸元を赤にしたのはver.2って事で後期のセブンの再現に繋がるのでナイス判断と思います。


プロテクターはパリッとした固い手触りが現実的な印象を与えます。

旧版はやわらかい手触りで、それはそれでスーツらしさ抜群でリアルさがありました。
手にした皆さんはどちらが好みかな?


ピースサインのハンドパーツ。5兄弟全員に付属するこのパーツを使えば、タロウ第一話を再現できちゃいます!




更に!ウルトラセブン参上!を再現できる、帰ってきたウルトラマン付属のウルトラスパークを持たせられるハンドパーツまで!



それさえ身に着けておけばいかなる宇宙怪獣ともうんぬんかんぬん……



両腕のポーズ付けの干渉となるのを防ぐために、両肩の部分が変形したプロテクターが付属。簡単に交換ができます。








付属品その2は言わずもがな、アイスラッガー。

写真では使うべき持ち手を間違えております……。



頭に付いてるものとは別にアクション目的で手に持たせる専用のアイスラッガーが付属。
てっきり同じ物かと思いましたが形状からして違います!アクション用の方が若干小さめです。


アクション用と断りが付いていますが頭に装着可能。どちらのアイスラッガーもしっかりと頭部の穴に接続でき、旧版の欠点だったポロポロ取れやすい現象は改善されました。


持ち手は両手付属しますので、当然やりたくなる事と言えば、

息子ばりの二刀流に挑戦。エネルギーぶつければ何本にでも増殖するので理論的には可能なんです!よ!
(苦しい言い訳)





必殺技再現のエフェクトパーツ、今回は2種類です。

いきなり変化球。手に持ったアイスラッガーを振り回し、敵を切り裂く光エネルギーの流れを表現したオリジナリティあるアイスラッガー用エフェクトパーツ。


流麗な色合いと形状がとても良く、カッコ良さの演出に一役買うこのパーツ。
ゼロver.2にも同様のパーツ(緑色)が付属するので、親子タッグの再現が燃えそう。



デュアー!




エフェクトパーツその2、ワイドショット!

右手と同化したパーツです。


旧バージョンから更に迫力アップ。色はかなりオレンジ寄りですが、厚みのある色味がダイナミックさの表現に一役買っていると思います。







旧版に付属したエメリウム光線は今回はナシ。掌の大きさの違いにさえ目をつぶれば、アイスラッガー飛ばしエフェクトと合わせて流用できますね。



ブラザーズマントを着けられるという点だけでは勿論なく、培われた高い技術力が
ふんだんに活かされたNewセブン。
息子も追ってリニューアル発売されますし、今後しばらくはディスプレイの主役として
鎮座する事になるでしょう!



宇宙に平和が来るまでは…………



ここに集結。我ら、ウルトラ6兄弟!



3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ