カルピスの牛乳割りはメチャうまいっす!  

こんにちは、すっかり夏バテ気味のアルコールライダー141です。先日も台風接近と共に5日連続サーフを心に誓い、4日目には過労で朝起きれず、その後3日間もだるい日が続き深酒で復活する始末。なんだ、この体は!?
というわけで、本日の御用向きは
スノーボードの要らない知識第1弾!

「エフェクティブエッジとコンタクトエッジの違い」です。

皆様のスノーボード選びに新たなる難題を振りかけ、全国のSHOP店員泣かせに育て上げようと言う思いつきのこの企画。さぁ、みんなもレッツスタディー♪

今年はスノーボード何にしようかな〜!?なんて、カタログなんかを見ていると、板の長さのほかに、エッジ長?ウエスト?サイドカーブ?なんだこりゃ??
特にこのエッジ長はメーカーによっては2種類書いてあるゾ???
エフェクティブエッジ?コンタクトエッジ?難しい〜!!!
今回はこのエッジ長に注目だ!

それでは説明しよう♪
まずエッジ長とはスノーボード滑走時に実際に雪面に接するエッジの長さ言います。
さらに細分化すると
エフェクティブエッジ(以下 EF)・・・ノーズ(スノーボードでいう前足より前の部分全体)の最太部からテールの最太部までの長さ。コレはターンした時点で聞いているエッジの部分ですね、部屋でもできるのでスノーボードをターン時のように傾けて浮いているウエスト部をたわませてみよう。地面に接している部分がエフェクティブエッジと呼びます。
コンタクトエッジ(以下 CL)・・・コレはスノーボードをフラットにおいた状態で地面に接しているエッジの長さ。(あくまでも直線で)比べてみると前述のEFよりも3cmから6cm程度短いはずです。

なぜ違うのか?
それはノーズテールの幅にあたる最太部はスノーボードをフラットにおいた状態で宙に浮いているからです。なぜ?はじめから地面に接していればいいじゃないか!僕はそう感じました。ですが、それでは駄目なんですぅ〜ああああああ。

例を挙げましょう
全長150cm EL118cm CL114cmのスノーボードがあります。
このボードでアナタは札幌国際スキー場を直滑降でかっ飛ばしてます。
この時点ではCL114cmしか使用していません。
さぁ、最高の1枚バーンが来ました、華麗なカービングで雪面を切り裂け!
この時点ではEL118cmを使用しています。直滑降からターンへの移行は114cmから118cmに。ボードの立っていく過程でグラデーションに移行するのです。
コレが全長150cm EL118cm CL118cmのボードだとターンの導入時にスゴイノーズテールの引っ掛かりを感じてしまうのです。

このようにノーズテールの最太部は宙に浮いている必要性があり、ELとCLの差が少ないほどターンの反応がよく、クイックになりますが、引っ掛かりを感じ、乗りにくいボードになってしまうのです。

さあ、アナタのSHOP店員に聞いてみよう♪
「このぼーど、エフェクティブ118cmダケド、コンタクトレングスいくつ?」
必ず、店員は店長に聞きに行くことでしょう、プププ(笑)

ちなみに我らがSee’sでは止めてください。僕しか分かりませんから〜!!!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2006/8/16  13:10

 

窓が空いてて隣のマンションの浪人生が双眼鏡で見てる(爆)マヂ笑えたwww 

2006/8/16  13:10

 

超恥ずかしかったぁ〜!しかも高校生がケータイカメラで・・・ 




AutoPage最新お知らせ