(無題)  

おっつ!!!
無事、続きましたね。えがった(やば、なまった!?)
前回の説明はご理解いただけましたか?
この法則を理解しておくとかなりスタイルが出しやすくなるよ〜。
とはいえ、自分も何でもできるわけではないのですが・・・

後編はさらに突っ込んでグラブの位置とボーンアウトの強弱についてだだだだクリックすると元のサイズで表示します
上の写真は過去最高のオールラウンダー
  ”デイブ・ダウニング”様様
彼はレール、パウダー、キッカー、バックカントリー、ジブのコンテストまで何でもありあり。しかも、かっこいいから、ありえない。
さらには本物のプロサーファー出身!んん〜えくせれんと。

写真はきっと・・・グーフィーでのバックサイドの壁でアーリーウープのルックバックインディー☆です。ちなみにルックバックは山側に向かってスタイルを出すいぶし銀大なトリック!!!

デイブの右足はコレでもかとボーンしてるけど、みんなできますか?これって、相当すごい。でも・・・コツはあるの!
それはインディーしている左手を左ひざの外から持ってきて、グラブの位置は左足のつま先横ぐらい!こうすると、腰の骨盤が前むいて前足の右足を出しやすくするのです。
皆さんも椅子に座って、左手で左つま先を外からつかんでみよう。右足はグッと伸びるはず!!ちなみにひざの内側からつま先をつかんでみよう。すると・・・右足はだしにくいのだ〜ははははは〜
本当か!?
クリックすると元のサイズで表示します
きました!☆ジェイミー・リン☆
彼は現在までのスノーボードシーンにおいて最もファンを獲得したスターライダーの一人でしょうね。
なぜなら、彼はいつもノーグローブ!一番スタンスが広くて!体はタトゥーだらけ!そして、スピンが誰とも似てなくて!トゥイークが最高にカッコよかったのです!(上の写真ね)
当時(10年以上前)のトゥイークはテールが下にさがり、ソールが45°位にアピールするのが主流だったんだ。
でも、ジェイミーだけ、ボード真横だった!!!んん〜トトレビア〜ン!
ジェイミーのトゥイークにもコツがあって、写真でいうと普通は右手は右かかとの右横をグラブするんだ。そうすると、普通の45°トゥイーク。
でも右かかとの左横をつかむと、あら、不思議??ボードが横に向くじゃない!!でもでも、かなり、体が柔らかくないと、ここまでひねれませんから。ジェイミーの創造性がそうさせたんだね!ボルコムのビデオが製作中らしく、ジェイミーのパートもあるらしいよ。期待大だね!

クリックすると元のサイズで表示します
最後にいぐっつぁんです。
”ブライアン・イグチ”ね。
前回のテリエと同じクオーターだね。
おそらく・・・グーフィーのフロント壁でアーリーメランコーリーだね。んん〜これはちょっと難しかった。みんなも写真のスタイルでここまで分かるようになろうね♪
これはかっこよいので乗せただけです。
イグチも好き〜!!!

どうでしたか?
あまりにもマニアックで寝ちゃったかな?
あくまで、独り言です。
あああ〜すっきりした、ストレス発散ですな(あんまりないけど・・・ズボラなんで)


いまから、ビアガーデン行ってくるス。
店は八時で早じまい。
今日、波乗りいったら、今年4月から通して、一番波良くて!!!
体力の果てまでパドルしました。ああああ〜だるいス。
というわけでビアカーニバルしてきます!皆さんも今度是非ご一緒に♪


次回はハコダテハゲさんのリクエストにより、立ち消えだった、国内編だ!海外編とは違う切り口で正体を暴く!?!?
0

書きすぎだね、やっぱり。  

書きすぎたんで、海外編はこのへんで。
国内編は・・・いろいろあるので、やめときます。

本日は〜ぁ〜と・・・

スタイルと作用と反作用の法則

書いちゃったな〜。
スノーボードでいうところの”スタイル”

何がかっこよくて、何がダサいのか???
なかなか難しいですよね、そうです、答えはありません。
誰がかっこいいかなんて、人それぞれ、そんなスタイルの追求がスノーボードのかっこよさなんです。
最近では流行のダックスタンス、10年以上前はナンセンスでした。
一部の不良ボーダーしかしてなかった。
グラトリ?10年以上前に一世風靡し、5年以上はダサイスタイルのひとつでした、今じゃ大流行しちゃって、スタイルのひとつとして確立しました。

と言うわけで、1995年の海外トランスワールドを引越しで見つけたので、写真でスタイルを各ライダーに習っちゃいましょう〜!!!

でました!メソッドトゥイーク!
何が作用反作用かと言いますと、みなさん、ボードをいろんな方向にひねりたい、グラブしながらここに持っていきたいとか、ありますよね!
でも、ボードがうまく動かない・・・
これには上半身がキーポイント、特にグラブしていない方の手の動き、位置が大いに関係します。
それは・・・ボードをボーンアウト(蹴りだしているほうの足)している足と逆ひねりの位置にそのグラブしていない方の手があるのです!!!ガビ〜ン!
クリックすると元のサイズで表示します
写真を見てみましょう。
コレはグーフィーフッターがストレートジャンプで飛んでいます。
ソールを見せ付けるように後ろ足の左足をひねり蹴りだしています。
グラブしていない左手は対角線上にひねり出していますよね〜!
じゃ、次。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらはジェフブラッシー卿です。
やばいですね。コレはレギュラーでフロントサイドの壁で飛び出し、後ろ足を前に側面(外くるぶし)を蹴り出すイメージですね。右足と左腕が一直線になってますね〜!
ネクスト☆
クリックすると元のサイズで表示します
これは伝説のテリエ様。
レギュラーでバックサイドの壁で下出しのインディー!
教科書のようなボーンアウトとひねりです。
エクセレント!!!

コレまた続編で。
いつも続編だけど、まぁまぁ、バカにしながらみてくださいね。
0

また事件!?  

書けないから!
だって、地下の事務所、今は倉庫メンテ室がなんと水没!!!
4日前ほどのスコールで床上浸水さ〜。
なんだよ=もぉ=
床の木材をはがす毎日・・・

というわけで、こんなイライラをぶつけるべく、ブログを書くべし書くべし。今日も家からだぜ!家のほうが落ち着いてかけるかな。

続きね、え〜、なんでしたっけ、
そーだ、そーだ、死にブランド書いて、ブランド力で、広告ライダーときましたな。

其の参  ”実績
この実績には、いろんな要素が含まれます。
簡単にはブランド創立からの年数。
前の年より悪くなるブランドは普通ありません。
社員も人間だろうから、改善、改良を要し、ニューモデルを出すわけだから、つぶれてない以上まあまあという訳。

でも、1年目みたいなブランドあるよね!今年デビューみたいな。この場合の判断は創立者が前に何のブランドにいたか、もしくはどこの工場で製造されているかです。だいぶ、マニアックになってきましたが、つき進みます。

ちなみに両方ともSHOPで聞いてわからないような店では買うべからず。そいつは偽者だ。本物を見分ける判断力を身につけ最高にかっこいい自己満足に浸ろうぞ。それでも欲しい場合はそのブランドのライダーを信じよう。

なに!?ライダーも知らないし、工場も、スタッフも、よくわからない?でも、グラフィックがかっこいい???

勝手にしろ!それもありだ!俺はなしだ!でも、昔はありだ。

昔、よくいたスノボードジャンキーは自分のスペックしか信用しなかったんだ。ウエスト、サイドカーブ、エッジ長、フレックス。この4つさえクリアすれば、ブランド、グラフィック、値段関係なかった。それほど、偽者が乱立して、信用できなかった時代でした。いまじゃありえないけどね。俺はこれで3年は行ってました。そこで思い知ったのはブランド力だね。

最後に其の四   ”テクノロジー”
スノーボードを科学するってやつです、はい。

いろんな意見があるよね、
「勢いでしょ、最後には」
「子供のころからやってれば・・・」
「○ートンでしょー、やっぱ」

一言物申す・・・道具を必要とするスポーツにおいて、道具の向上は必ず上達の道しるべとなるぜよ・・・by141

各ブランドは独自の方向性を模索しつつ、最高のスノーボードギアを作り出そうと頑張っています。成熟したと言われるこのスノーボード。
まだまだ新しい技術が毎年投入され、日々進歩しています。
各ブランドのテクノロジーを1字1句読んでみよう。
そこで、君はだまされるかもしれない、最高のギアに出会えるかもしれない。でも、動き出さないと何も起こらないだろう。うまくなりたきゃ、まずこの一歩を踏み込もう!難しかったら、相談せよ。そのためのプロショップ也。

またまた書きすぎてます。
ショコタンのブログには到底かないませんが・・・知ってる!?
書き足りないのでまた明日〜。

いまテレビはジダンネタ。
家族を侮辱されたとき、国を敵にしても切れる。。。
勝つか負けるかで生きてる世界だな、俺いけるかな〜いや自信ないッス・・・




0

カタログ号!!  

いや出た出た!!!
どさどさと、スノボーカタログ号!
トランス、フリーラン、スノスタ3誌一緒に出んなよ〜。
1冊読破するだけで1時間・・・
僕なんかある程度展示会で見てますが皆さんは3時間ぐらいかかるんじゃないですか〜?

最近のブランドが分からないそんなあなたにカタログ号の要チェキブランドを教えちゃおう!!!ちなみにここでの話とSee'sのラインナップは全く関係ないのであしからず。あくまで1個人の意見ですじゃ〜!

大きく分けて2つ、ご存知、海外ブランドと国内ブランド。
まずは海外からね。
海外ブランドもどんどん分かれてっちゃう。
US系、北米系、ヨーロッパ系、さらにはサーフ系もあるし。
海外ブランドを選ぶ時に絶対気をつけなければいけないことがあるス!!!
それは死にブランドか否か!!!死にブランド〜???
今、思いつきで名づけましたが。
海外ブランドは大概立ち上げはガァ〜っと頑張って盛り上がって1流の仲間入りを果たすと大手商社にポ〜ンとブランドを売ってしまいます!!
特にUS系に多い傾向で、過去にはシ○ス、モロ○、エ○ーウ○ーク、ア○ファ○メリック、ディ○ジョン23、M○リー、挙げたらきりがないさ。
こういった死にブランドはいきなりライダーは全員首になり、デザインはいきなり最悪に、挙句には量販店で激安ボードに早代わり☆
こんなブランドを間違ってシーズン初めに定価で買っちゃったら目も当てられません。2シーズン目には山に行きたくなくなっちゃうでしょ。
だから。この見極めは大事。でも、難しいよね。だから、ライダーの欄は目を通すようにしようぞ、あれ!?マークの名前がない?なんてね。
輸入代理店が知らない名前の時も要チェックだ、あれ去年と違うぞ?ってね。何か問題があったから変わっちまったのさ(マーク調)

次にブランド力を見極める。
やっぱり、誰かとカブリたくないでしょ!
でも、マニアックすぎて誰も知らないし、性能も良くないなんてコトはマッピラ。そこそこカブラなくて、性能もGOOD、それでこそ友達にも自慢できるってもんさ。
見極める方法は

其の壱    ”広告” (センスも重要!)
・今年の広告で1番センスがいいのはクイックシルバーだね!
キッカーでオープン360を一コマずつ違うライダーが違うウェアでシークエンスを流してて、かっこいいね!サーフブランドにやられたって感じ。でもボードが大好きじゃないと出ない発想でしょ。
・後はエンライトメント(海外メーカーじゃなかった)のアンディのシークエンス。ニールが撮ってくれたんだけど・・・右上の遠くから撮った写真☆実は・・・僕が撮りました!!!自慢自慢、フガーフガー(鼻息)コラボって感じ?どうどう?撮影手伝ったんだよ〜。初めてだったけどおもしろかったね。会社のデジカメだけど、みんなもちょっと高いデジカメいいよ!ビデオ撮ったらさ、自分のふがいなさに落ちたりするしょ!カメラはかっこよく撮れるよ〜。おすすめ!やべ、またそれた。

其の弐   ”ライダー”
・いいブランドにはいいライダーが絶対います!ライダーはブランドの顔さ!逆に言えば、いいライダーのいないブランドはダサイってこと!そのブランドは山に足を運んでいないスノボちゃんは作ってるお仕事メーカーってことだからね。ビッグなライダーを抱えているだけ、そのブランドは売れているという訳で、大勢のボーダーに認められているというわけ。
いいライダーの見極めがまたムズイけどね。はっきりいってそこは好みもあるし。でもいいのさ、あのライダー嫌いだから、アノブランド嫌い!大いにOKでしょ。

あああああああ〜
また、やっちまった。
書きすぎだ。真鍋かをりのブログ位書きすぎだ。
続編は近日公開!

パイレーツオブカリビアンの新作早く見たいス。
ちょっとキモイ?


    


0




AutoPage最新お知らせ