2011/10/31

また再発かな?  コーギー

今年はどうかな、と半信半疑だったけど、またピースのヘルニアが再発しかけた気配。

昨日から腰をかばいはじめ、元気がないし、ちょっと涙目。

しばらく運動は避けて、安静かつサプリで様子をみることにします。


気候の変化、とくに寒くなるとひびくのかなぁ。


人一倍ボール好きな奴だから、ストレスためないためにも運動は欠かせない。でもそれで歩けなくなってもこまるし、どうしたものやら。。。

また当分ドッグランもお預けだな。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/10/29

J.D.SoutherとKarla Bonoff共演だそうだが  音楽

J.D.SoutherとKarla Bonoff、このふたりが来年2月に東京と大阪のビルボードで共演するそう。

J.D.Southerといえばこの曲なんだけれども。


この二人に共通してるのは共にシンガー・ソングライターで70年代ウエストコーストを盛り上げたJackson Brown、Linda Ronstadt、Eaglesなどへ曲を提供し、数々のヒット曲を生んだこと。
ソロアルバムはともに数枚程度で、寡作な人たちではあるんだけど、当時の音楽シーンのなかでは欠かせないソングライターでした。
バックコーラスや伴奏などを含めると、相当な数になるのでは。

特にイーグルスとの関係は深く(グレン・フライともともとコンビを組んでレコーディングしている)、共に「女の子」を求めてLAに来たそうなので、仲がよいのはそんなこともあるのかないのか?
New Kid In TownやHeartache Tonightなど、ヒット曲も提供し、レコーディングにも参加していました。

かたやKarla Bonoffは以前、ブログにも書いたとおり、Linda Ronstadtへの曲提供などで頭角を現し、僕の大好きなアルバムHasten Down the Wind(邦題「風にさらわれた恋」)では "Someone To Lay Down Beside Me"、 "Lose Again," 、 "If He's Ever Near"などの名曲を残しています。
そのシルキーな声とメロディラインは今聞いても70年代の記憶を思い起こさせてくれる人です。

Lose AgainなどLindaのラテンのパワーとクラシックを素養とする力強い歌唱に比べ、Karlaの繊細さを感じる唄もいいものですよ。

Karla版


Linda版


2月どうしたもんかなぁ。。。


0

2011/10/28

飼い主なら  コーギー

ワンコを飼うなら最後まで責任をもって、というのは当たり前のことだけど、無責任の結果として毎年、殺処分される犬ネコが後を絶たないのってどうよ?

もし飼えなくなる事情があるのなら、きちんと里親を探すなど不幸な目にあわせない努力をしてほしい。
それでもだめで処分をするのなら、殺処分に立ちあいなさいね。
それがいやならどうかけして飼わないで。

どうしてもダメなら自分でお医者さんへ連れて行って安楽死させなさい。
それが飼い主の責任です。





安易に処分を引き取れる現状もなんとかしてほしいし、そのやり方も残酷。
ここはこないだ出された厚労省へのパブリックコメントの結果、なにか変わる動きにつながるといいな。

0

2011/10/28

夜中の尿意  コーギー

昨晩のこと、いつもベッドで寝ているピース(コーギー♂9歳)がいない。

涼しいところで寝ているんだろう、と思いそのままウトウトしていたら

「チャチャチャチャ  チャチャチャチャ チャチャチャ.....」

と落ち着かない足音。


これはなにかある、と思ってリビングへいくとケージのなかでウンチウンチウンチ


申し訳なさそうな顔でこちらを見るんだけど、きっと昨夜食べさせたレバーの量が多すぎたみたいで、お腹がゆるくなってしまったみたい。

悪いのはこちらなんだから、となだめながらまだ落ち着かない様子だったので庭へだすと、またウンチ


自分のテリトリーは汚したくないんだろうけど、我慢しなくてもいいんだから。


そんなんでそのまま眠れず、睡眠不足な週末中。
0

2011/10/27

いきものだ  コーギー

ちょっと考えさせられること。

中国で無法にさらわれ毛皮や肉の販売を目的に生きたまま毛皮をはがされる犬やネコたち。
苦しみにあえぎながらなまはげ状態で息絶え絶えのまま、殺される犬ネコ。
http://animalsaviors.org/index.html

これを知って毛皮を着ることができますか?伝統料理だからといって犬肉の料理を食べられます?

私はダメです。
どうにもダメ。

もしその数%でもその違法者の手助けを結果的にしているのなら、流通経路を絶つためにも消費することをやめるべきでは。

伝統っていうことで大事にしなければいけないものってそんなにいっぱいあるものでしょうか?ファッションやリッチさを象徴するためにある毛皮コートなんて必要なんでしょうか。
グローバル化せざるおえないこの社会にあって、また鎖国までして守らなくてはいけないものってそんなに沢山あるものでしょうか。

代わりになるものがあれば、あるいはそれを続けなくてもなにか大事なものが失われることがないのなら、思い切ってやめてしまって、醜悪な殺戮をやめるほうがよいこともあるのでは、とおもってしまいます。

欧米や動物愛護団体などから批判にさらされる日本の古い食文化も、あちらの目でみれば中国で闇で取引される犬やネコたちとたいして変わらないのではないか、とも。
もちろんそんな単純な問題ではなく、それぞれの思惑もあり一方的に判断できることではない。
しかしそれを続けるというのなら、アイヌの人たちから奪った狩猟権や熊の儀式を復活させるのか?
スペインの闘牛も今存亡の危機らしいですね。
伝統文化と動物愛護との狭間で国民も意見が分かれるようです。

一部の先鋭的な団体の活動や言い分をよしとするつもりはないし、賛同できるものではないけど、今の状況ではたしていつまで守る側が説得力を持つことができるのか、疑問にも思います。

牛はどうなの?馬はどうなの?家畜として我々が生きるうえで必要なものはそれに対する畏怖と感謝をもって食べるべきだし、その処分にあって何事も苦しみを与えるようなことのないよう法的にも縛りがあるのであれば、すべてのいきものに対して同様に対処すべきなのでは。その家畜においても、新興国などではかなり無残なやり方がまかりとおっている、というのも読んだことがあります。

まずは違法な業者の取り締まりは国内外とも徹底し、そうした業者は断罪されてしかるべきだし、あわせて国内の犬ネコの殺処分もすぐにやめるべきです。
二酸化炭素で苦しみながら死んでいく姿は正視に堪えません。

そして福島原発で立ち入り禁止区域内に取り残された動物たちは今も飢えと戦っています。
これを放置したまま、表向きに言っていることとやっていることが乖離している状態では悪徳業者たちのやっていることと大して違いはありません。


ヒトとともに生きる彼らなのだから、ヒトとして敬意をもって接しなくては。彼にも尊厳はある。そしてなにより我々ヒトと同じように、あるいはそれ以上に深い愛情を持っている。

福島に取り残された弱った犬へエサを運ぶ犬↓
http://ameblo.jp/0363arty/entry-11060281160.html

レディ・ガガの肉ドレスにはそんなメッセージもあったんだろう。彼女はいい。
0

2011/10/24

川の底からこんにちわ  ドラマ・DVD

NHKの朝ドラ「おひさま」をみて沖縄出身ということもあって、気になっていた満島ひかり。
その主演作の「川の底からこんにちわ」をようやく鑑賞。


脱力感ある出演者たちのなかで、ぶちぎれる彼女がとってもいいです。

「社歌」がいつまでも頭にのこります。




0

2011/10/22

ピースの幼馴染たち  コーギー

ピースは来年3月で10歳。

人間でいえば壮年期ってところ。個体差があるので、一概にはいえませんがだいたい10年あたりでワンコの節目ってあるのかもしれません。

ピースを飼い始めたときに親しくなったご近所ワンコも同じように歳を重ねるわけで、最近そうしたワンコたちが相次いで亡くなってしまい(泣)。

まだまだ元気だと思っていたのに、病気になったり、急に元気をなくしてしまったりと、一気に下降線たどってくることが多いようです。
ともに成長をみてきたワンコたちだけに、我々も辛い気持ちでいっぱいです。
本当に飼い主さんたちにはなんと声をかけてよいのやら。。。あらためてご冥福をお祈りします。

家族同様のワンコたちですからね。命の灯火が消えてしまってから気づくその存在の大きさたるや、ワンコ好きの人たちはおわかりいただけると思います。

ピースとともに生を受けた兄弟ワンコたちも来年3月には10歳。
節目として一度集まりたいものです。みんな集まれるかな?
もしこのブログをみていらっしゃったら、ぜひ集まりましょうね。また森林公園?

一度腰を悪くしているピースなので、これから寒くなるこの季節は心配です。
見た目より意外と体のなかで異変がおきていたり、急に症状がでてきて初めて気がつくことって多いのでね。

そんな飼い主たちの気持ちをよそに、今日もボール遊びをおねだりするピースなのでしたが。。。


クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ