2010/11/29

BOSS "NO" BRASS Live Show  音楽

Our live gig on 4 Dec. Coming Soon!
Open 6:30 Start 7:00pm
Charge: 1500 yen
At BENTEN, 2 minutes walk from Shin-nakano station of Tokyo metro.

We will play 70’legendary rock and funk music, and more.

そんなライブですが、今回はレギュラーブラスセクションにかわり、NY帰りのトランペッター伊藤君を交えての中身の濃いライブとなります。
いろんな仕掛けもあるので乞うご期待。

青パパも30日までがんばってやっているよ。
0

2010/11/25

青パパ 閉店します  酒・グルメ

大変残念ですが、青いパパイヤを閉店することになりました。

立ち上げから経営、料理すべてをやり続けてきたトロ姉さん、本人の気持ちを代弁はできませんが、いろいろ御ひいきにしていただいた方、御厚意をいただいた方には申し訳ない気持ちでいっぱいだと思います。

私も非力ながら協力してきましたが、力が足りませんでした。



最終営業日は12月30日。それまで無休で営業します。

ランチは19日が最終日となります。

それまで全力で美味しい料理を作っていきます。

11月いっぱいは高級泡盛が半額セール中です。

お近くにお越しの際はぜひ青パパにお出でください。

そのときはトロ姉さんにひとこと、声をかけていただけたら幸いです。



よろしくお願いします。
1

2010/11/23

今年の紅白は  音楽

噂では大滝詠一が復活ライブをやるとか、やらんとか。

ナイアガラトライアングル再演というが。。。


そしてこの人、10分近い曲フルで歌うんですってね。
思わずウルウルしてしまうな、この歌詞。。。

初出場おめでとうございます


0

2010/11/20

ワンコの天命  コーギー

クリックすると元のサイズで表示します

うちのピース(Wコーギー)は来年3月で9歳になる

人間でいえばそろそろ壮年期後半に入ろうという時期。

個体差は大きいけど、大型犬ならそろそろ老年期になるだろう。



あいつは今もかわらずボール遊びがすきで、飼い主をみたらボールと思え、というくらい朝から晩までボール遊びを要求してくる。

フリスビーも好きだし、大人用のサッカーボールをグランドいっぱいつかって転げまわしている。筋肉で硬く張りのある足は今も健在だ。



でもやっぱり3〜4歳のころにくらべたらスタミナも落ちているし、走る速さも少し遅くなった気がする。

当時なら何時間でも遊んでいたし、疲れきったらそのまま腕のなかで眠りについてしまったりしたもんだけど、今はいいところ30分くらいで一休止が必要。

それ以上は体力がもたないみたいだし、無理をすると足が痛くなったりするようだ。

顔のまわりも少しずつだけど白いものが目立ち始めた。

間違いなく老いは近づいているんだろう。



毎日食べているフード(ノースポートモールでしか売っていないナチュラルフード)を買いにいったとき、ついでに補助食をと思い、別フロアのホームセンターで探してみると、パッケージには「7歳からの壮年犬向」といったコピー。

そうか、犬としてはもうそういう年齢なんだな、っていうことをいやがうえでも実感させられてしまう。

折り返し点は飼い主同様、過ぎてしまっているんだろうな。


飼い主にとって、愛犬はかけがえのない存在だけに、その喪失には耐えがたい悲しみを伴ってしまう。
(のはずだけど、毎年20万頭以上の犬・猫が無責任な飼い主のために殺処分にあい、それ以外に野山に捨てられ死んでいくのもいるんだが。)


そう、家族同様。



10代のころ飼っていたマイティという犬(雑種)は、感染症にかかり突然この世を去ってしまった。

あまりに急だったのと、自分が犬の体調変化や初期症状にむとんちゃくだったために、処置が遅れてしまった悔みで、しばらく頭のなかがからっぽのようになってしまったことがある。
風邪だろう、くらいに甘くみて、無理やり散歩に連れていってしまい、本当に苦しそうにしていたのに。

医者に診せたときは手遅れだった。
その翌朝、あっけなくあの世へいってしまう。

最期の晩、僕に訴えかけるような声で鳴いていた。あの声は今も耳を離れない。
あんなに苦しかったのに、それをわかってあげられなかった申し訳なさ。

言葉をもたない犬には飼い主がどれだけ気がついてあげるのか、体調の変化に神経を使わなくてはいけなかったのに。


自分の愛犬が健康で長生きしてくれれば、そのための心の準備とかもできるだろう。


しかしそれがあまりに急なことでは、気持ちも整理ができず、うろたえてしまってもしかたのないことかもしれない。

もし自分があのとき、こうしていれば、という後悔がいつでもつきまとう。



ピースが小さいころ、遊んでくれた近所のワンコが亡くなった。
ピースより1歳くらい上だから、まだまだ若いのに。

どうも腎臓が悪かったらしく、急に病状が悪化したのだろうか、ずいぶんと急なことだったように思う。飼い主のご夫婦、なかでもダンナさんの落胆が激しいと聞いた。



気持ちが落ち着くまでは時間がかかるだろう。



ぽっかり空いた穴を埋めるには。





心よりご冥福をお祈りします。
0

2010/11/17

12月4日 ライブあります  音楽

年末ライブのお知らせをアップデート含め。

BOSS BRASS ライブ

12月4日(土) 新中野 弁天にて

19時開演予定

チャージ 1500円



今回はNY帰りのトランペッター、まこっちが客演決定。

70年代前後のロック、日本のロック他、恒例のブラスロック、ファンクをお届けします。



来てね。
1

2010/11/16

うまいラーメンの秘密  酒・グルメ

テレビ東京系WBSの特集で、業務用スープの開発大手アリアケジャパンを取り上げていました
http://www.ariakejapan.com/

そのなかで東南アジアに進出するラーメンチェーンや、コンビニや大手食品メーカーなどから注文がくるラーメンスープの開発の裏側をレポートしていました

今、日本のラーメンが中国など各国でもてはやされ、店舗を拡大しているそうです。
「味千」はその代表例。

とあるコンビニチェーンが開発を依頼してきたのは、全国でよくいわれる「行列のできるラーメン店」のスープの分析を行い、そのスープに限りなく同じ味を再現し、商品化するというものです。

店頭に並んでいるカップ麺等で最近はやってますね。

その味を分析していくと塩、カルシウムなどの成分のなかにいわゆる「うまみ」にあたるところに多量の調味料が使われいてるところが多い、という分析事実があっさりと紹介されていました。


これは良い、悪いではないのだけど、やっぱり「美味しい」って感じるその背景にはしっかりと「調味料」が活躍しているんですね。

中華圏などアジア諸国の料理にも大量の調味料が使われています。
市場や店頭などには「味の素」がいたるところで陳列され、売れていますしね。

本来の自然なうまみ、ってもっとデリケートだし、わかりやすい「美味しさ」に親しんだ舌にはそうした「自然な味」はちょっとさっぱりしすぎてしまうのかも。
面倒をかけずに手早く、安く、簡単に美味しい料理ができるのなら、それにこしたことはないものね。

あくまで自然な作り方にこだわってしまうとその分、高級なカツオ節や昆布などをたっぷり使うとか、塩や醤油のバランスとか、手間やコストがかかってしまいますもんね。

よく「化学調味料」は良くない、という話をききますが、どんな物質もみな元素からできているわけで、生物と化学はきってもきりはなせない関係にあるわけです。

だからといってそうした「調味料」ばかりに頼ってしまい、自然な旨味や味に音痴になっている我々の味覚、というのはなんなのだろうと、考えさせられてしまいました。

昔はどこの家庭の食卓にも「味の素」が置いてあったけど、今はあまりみませんね。
「うまみ調味料」と名を変えたいろんな出汁、スープなどがそのかわりに活躍していますが。


難しいなぁ。。。
0

2010/11/14

南足柄での再会  ライフスタイル

マイミクの同窓生から連絡があり、南足柄の山に工房兼自宅をもつ陶芸家の同窓生のところへおしかけることになりました。

彼は昨年大病を患ったそうで、聞いた話だけではとっても心配でしたが、会ってみるとすっかり元気になり、とてもそんな大手術をしたようには見えませんでした。

いろいろ気を使っているのかもしれないけど、自宅におしかけたときはいつものような調子で出迎えてくれたのがなにより。
健康がなによりだ。

同じ中学同期の仲間たちとしょうもない話をしながら、笑いの絶えない時間を久しぶりに過ごした気がします。

奥様の地場の野菜や魚をアレンジしたまことに美味しい手料理!と、それを一層ひきたたせる彼の器で、へたな料理屋で食べるより何十倍もリッチな気分にさせてくれました。
ギターを片手に昔親しんだ曲などを、とめどなく弾き、歌いしながら、気がつくともうすっかり終電車の時間になってしまい、楽しい時は早く過ぎてしまうもんです。

あたたかくなったら、今度は彼の器の大ファンでもあるトロ姉さんを連れていくことにします。


病から回復した彼は今月末、はじめて海外で個展をやるそうです。
場所はアメリカ、ニューメキシコ州、サンタフェとのこと。
その様子は彼の友人であり、同窓生でもある青樹さんが映像に収めてくるそう。
青樹劇場
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ