2010/9/26

マンガ不遇な時代だなぁ  ドラマ・DVD

唯一、見ていた連ドラが終了。
「ゲゲゲの女房」

初代ゲゲゲの鬼太郎や、悪魔くん、河童の三平とか、同時代に少年時代を過ごした身としては懐かしいのもあるし。
ドラマのなかに出てくるキャラも面白かった、というか事実を元にしているだけにリアリティがあったしね。
だけどこれだけ山あり谷ありの人生、第3者がみて楽しくないわけがない。
マンガという産業が大きく成長してくる時代性も大きいな。

その鬼太郎や、雑誌連載を始めるきっかけになった雑誌が手元に残っていました。


クリックすると元のサイズで表示します


さてこの号の主な作者と作品はというと

少年マガジン 1968年10月20日号 当時60円!
川崎のぼる 「巨人の星」
赤塚不二夫「天才バカボン」
ちばてつや「あしたのジョー」(この号、クロスカウンター炸裂。)
水木しげる「ゲゲゲの鬼太郎」
ジョージ秋山「パットマンX」
さいとう・たかを「無用之助」 他

ガロ 1987年2月号 当時 430円
内田春菊「南くんの恋人」
久住昌之「ヤマダ怒りの朝」
蛭子能収「南極物語」
根本敬「天然」
花輪和一「へそひかり」
みうらじゅん「こいってキテるよね」 他

マガジンの巻頭特集が「魔獣島ガラパゴス」に「大珍奇世界一」だもの。時代だよね。
アフリカとか南米っていうだけで、ほんとに別世界のような感覚だったし、川口探検隊が活躍していたのもこのころからだもの(笑)

ガロの表紙はこのころ湯村輝彦氏。
すでに低迷期にあったガロだったけど、無償?で書き下ろしていた作者は今も活躍している人たちばかり。
作品も本当に個性的です。

まさにマンガの黄金時代。

今はマンガ雑誌はどこも低迷しているようですね。
この当時の勢いというか、質の高い作品を作り続けられたパワーが失われたのはネット全盛期だからではないように思う。

異能の才人たちが活躍する場は、いまはマンガ雑誌という場ではないのだろう。
このころはマンガ雑誌が新しい才能を発掘、育てて、そこから文化が生まれるような機運と活気があったからね。

今度は映画版公開らしいけど、さてどうしたものか。。。
1

2010/9/25

9月24日 のつぶやき  

maipenlai http://twitter.com/maipenlai
9月24日 つぶやきまとめ


17:00
I'm lookin for somebody who could help my business on 1 oct. Need journalist skill and experience who stay in around Tokyo now.
2010/09/24 Fri 17:00 From web

10:11
@FUNAMORIshuichiメロとコード進行とが絶妙な曲ですね。歌詞のイメージにもぴったりはまってます。彼はこれで終わらずにいい曲を書き続けてくれたのがすごいです。
2010/09/24 Fri 10:11 From web FUNAMORIshuichi宛

0

2010/9/23

1972年のポップス・ベスト10  音楽

洋楽のことでふと思い出したので。
1972年、小学生から中学生にあがるころ、ラジオでどんな曲が流れていたかということで
当時のニッポン放送、ポップスベスト10の年間ベストからが以下のとおり。
同年代の方、懐かしがってください(笑)


10位 "Black and White" Three Dog Night



9位 "Love" The Lettermen ジョンの作品のカバーだけどこんなにヒットしていたんだすな。



8位 "名前のない馬" America



7位 "An Old Fashioned Love Song" Three Dog Night 当時のTDNの勢いはすごかったす。
http://www.youtube.com/watch?v=AM7zb5FMmLM


6位 "母と子の絆" Paul Simon 今聞くとこれはレゲエでしたね。S&G時代から一貫して世界中の民族音楽を収集していた彼らしいアレンジだったのですね。



5位 "Saturday In The Park" Chicago



4位 "Metal Guru" T.REX グラムロックの王者、全盛期のころ



3位 "Alone Again" Guilbert O'Sullivan  かれの代表曲でもあり今聞いてもいい曲です。毎日のようにラジオからかかっていたなあ。



2位 "ママに捧げる詩" ニール・リード 既出す。





なんとこれが1位だったんですよね。
映画もヒットしたのもあるけど、ふ〜んむ。日本人って結構サントラとか好きな人たちかも



1位 "ゴッドファーザー愛のテーマ" アンディ・ウィリアムス



ロック全盛期を迎えつつあった頃でも、ヒット曲の多くはだいたいイージーリスニング系というのが多いような。
歌謡曲の黄金時代でもあったから、日本人の好み、っていうのもありますね。

そんな1972年、札幌で冬のオリンピックが開かれた年のベスト10より。
1

2010/9/19

ニッポンの洋楽ヒット  音楽

こんなコンピがでていたんですね。

ニッポン洋楽ヒッツ! ORICON洋楽ヒット・チャート・コンピレーション 1968-1979


70年代後半はヒットモノには興味をうせていたけど、68年から74年あたりはどんぴしゃな時期。ラジオに耳を傾ける日々が続いていたものですよ。

こないだ友人から自分のディスクからコンピしてもらった同じようなCDをもらいました。

どっちも懐かしい曲ばかりなんだけど、日本の洋楽っていうところがミソというか、日本の洋食のように海外からはいってきたようで、実は日本独自の企画だったり、日本でしか話題にならなかった「一発屋」が多く含まれているの。

それがまた日本人の琴線にふれる、というかはまったんでしょうね。

友達がくれたCDのなかでそれにあてはるとしたら

今は元千昌夫の奥さんというイメージしかないけどジョン・シェパードの「サマー・クリエイション」とか



シングル王道の尺3分以内でトップ街道走ってそのまま失速して二度と帰ってこなかったメッセンジャーズの「気になる女の子」とか



このあと何をしているのかさっぱり行方知れずのニール・リードの「ママに捧げる詩」とかはいっていました。(動いている彼はYoutubeで初めてみたよ!)



うーー懐かしいね。

0

2010/9/17

ボウイーはええ。  音楽

わけあって最近、ボウイーを聞きまくっております。

「ボウイー」と聞いてこちらを思う人は私より一回り以上若い方です。



「ボウイー」といったら誰がなんといおうと「David Bowie」ですヨ。
中学時代、彼がグラビアを飾らない日はない、というくらいそこらじゅうが「David Bowie」の時代。
なかでも愛読していた「MUSIC LIFE」はこれでもか、っていうくらい追っかけてましたね。


やっぱりこの時代、ミック・ロンソンとのころが彼のベストだわ。







なんで聞きなおしているかはまたの機会にということで、この項おわり。
0

2010/9/15

9月14日 のつぶやき  

maipenlai http://twitter.com/maipenlai
9月14日 つぶやきまとめ


19:03
@kenta45rpm結局、手持ち資金と相談し、安い米盤を予約しました。さんざんアナログ・ステレオで聞いていたので、どんな衝撃が待っているのか、楽しみです
2010/09/14 Tue 19:03 From web kenta45rpm宛

0

2010/9/14

9月13日 のつぶやき  

maipenlai http://twitter.com/maipenlai
9月13日 つぶやきまとめ


13:58
じゃなかった。村上氏ではないな。でも気持ちはわかるなぁ
2010/09/13 Mon 13:58 From HootSuite

13:56
http://ow.ly/2Dau1「 有り余るお金と家族間のコンセンサスさえあれば悩む事はない、速攻で予約するだけだ」と村上龍氏も悩んでおったのか。ボブ・ディランモノボックス。うちは「コンセンサス」は得られるだろうか?
2010/09/13 Mon 13:56 From HootSuite

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ