2010/1/26

命薬(ぬちぐすい)  酒・グルメ

命薬(ぬちぐすい)

沖縄でよく使われる言葉です。

一般的にごはんやおかずなど美味しいもの、食べて健康になれるものを「命薬」といって楽しく食べようね、ということなのでしょうか。

でも体にいいことならなんでも「命薬」にはなるようで、例えばとっても気持ちのいい音楽を楽しんだあとなど「命薬やっさー」という表現もあるみたいです。

ここにはとっても大事なことが言葉に込められているのかもしれません。
ヒトにとって食べることは命をつなぎ、健康であるための基本的なこと。
そしてそのためには野菜でも家畜でもみんな「命」が犠牲になってヒトの「命」が成り立っているんですもんね。
だから「命薬」という言葉は、そうした食事というものの尊さを問うているのかな。

しかし自分にとって都合のよい「命薬」はいっぱいあるもので、沖縄の人でも「命薬やっさぁ」といって泡盛ばっかり飲んでたり、ポーク玉子ばっかり食べているんだから、まぁ自分に都合よい捉え方をするのも沖縄的かも。

さて半年近くいろんなところに変調をきたしていたピースも、食事内容を変えたことで劇的に近い回復がみられています。
ヒトもイヌもみな同じ動物だから、自分たちの体を作るための食事ってホント大切ですね。
ピースにとっての「命薬」はおいしい食事と、食後のおやつ(主にミルクかヨーグルト)、そしてお散歩と僕ら夫婦と遊ぶこと。
最後のひとつがなかなか時間がとれないので、かわいそうなことをしています。

トロ姉さんの「青いパパイヤ」も沖縄の料理を紹介しながら、お客さんの「命薬」になるよう日々努力をしています。
食べて、飲んで「あぁ 命薬だったさぁー」と満足していただけるような店に。

沖縄の音楽も「命薬」な音楽が多いです。
聞いて楽しくなるのも、じーんとくるのもいっぱい。
そして沖縄の風景、島の時間もね。




0

2010/1/25

ウ●チでいっぱいの部屋  コーギー

あ、ジミヘンの歌にもありましたよね。
The Room Full Of .....




Mirrors だわなぁ。


そうそう、家へ帰るとですね、そこはまさにウ●チの山、山、山


ピースの食事を以前の自然食に戻し、栄養剤と点薬で治療することになったんですが、そのフードを与え始めたときに気をつけなくちゃいけなかったんです。

とにかくウ●チがよく出ることを。

普段は部屋ではぜったいにしないピースですが、さすがに我慢できなかったようです。
部屋中にあふれんばかりのウ●チ。

土曜日から初めて間もないですが、おかげさまでなんだかピース、調子よくなっています。

元気もでてきたし、オシッコもだいぶきれいになっています。

あれほど痛がっていた足も、今日はスタスタ歩いている。
嫌がったアスファルトのうえもだいぶ楽そうに歩きます。
まだ耳の中は「おじさんのすえた靴下の臭い」(トロ姉さん談)はしますが、だいぶ落ち着いてきたような。

これは。。。。


これは。。。。



なんだか通販のサイトになりそうですが


今までとはちょっと違う!


与えているフード
の中身は


 ひまわり、マイロ、ホエイ、動物油、海藻、かきがら

だけ。

一方サイエンスダイエットのc/dは

 トウモロコシ、動物性油脂、大豆、チキン、コーングルテン、チキンエキス、植物性油脂、亜麻仁、ミネラル類、ビタミン類、アミノ酸類、酸化防止剤

多い、少ないとかの問題ではないけど、なんだか加工工程も含めると後者のほうがいろいろ手が入っていますね。

対象療法ではなく、物事の原因を探り、そこから治していこうという医者&カウンセラーの処方が間違っていないのかも、という気にさせてくれる今日この頃です。


そんなわけで、ピースとトロ姉さんを応援しよう、という方はぜひ藤が丘「青いパパイヤ」にもお越しくださいませ。きっと二人とも元気になります。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/1/23

ピース 治療あらたな展開  コーギー

デザインをかえたら文字がやたら小さくなってしまったわ。

お年寄りには優しくないわ。

さて、ピースですが血尿のほうもあいかわらず。
指の腫れ物や耳の湿疹、抜け毛などでどうしようもない状態が続き、そこで思い切って前からフードを購入している店で出張診断を受けることになりました。

そこでピースの様子や症状など診断したうえででた結論として

「ます心臓と肝臓機能を元にもどしましょう」

つまり膀胱炎やストルバイト尿石の治療のため続けた投薬(主に抗生物質中心)と療養食の負荷が重なり、心臓が弱っているのと肝臓機能が低下している。
結果として血流が悪く、肝臓からの出力もダウンしてしまった。
それが毛艶が悪くなったり、抜け毛になったり、湿疹がおきるなどの要因となっている。
膀胱のなかの小さな石は現在の微酸性状態をたもてば自然となくなるだろうし、血尿そのものを大げさに気にするよりは、まずは心臓と肝臓を元気にすることが優先すべきだと。

以前から軽い咳をするのですが、それも心臓からくる症状だということです。

血管注射をして心臓の治療薬を投入し、これから自然食をベースにして栄養剤などを添加した食事療法と肝臓や心臓の治療薬と併用することになりました。

そこのペットカウンセラーと医者の考えと、いままでの病院との考え方はほとんど正反対。

たとえば。。。

前立腺の肥大を抑えるためにおこなった去勢ですが「しなくても抑える方法はあるんですよ。」とのこと。
去勢することでホルモンバランスがくずれ、ヨウ素の不足など犬の体にはけしていいことではない、という考え方でもあるのです。

最近は年に1回、ワクチンを打つことがあたりまえのようになっていますが、それも「一度抗体を作ってしまえば、数年間は必要なし。あの薬に含まれる水銀のような毒薬を毎年打つなんてナンセンス。フィラリアの薬もそうだけど、万が一の可能性しかないことに、犬に負荷のかかる劇薬のような薬を処方するほうが、よっぽど犬にとってはリスクが大きいです。」とも。

ノミ・ダニを防ぐためと体表に塗る薬も「人間が触ってはいけないような劇薬を体に塗っていいわけがない」と。ノミ・ダニを防ぐには日々のブラッシングやケアが確かに一番いいのかもしれません。

ともかくどっちを信じるのか、というのも悩みますが、昨年7月から続くピースの病状を改善できるきっかけをつかめるのなら、まずは新しい治療方法に賭けてみるのもいいのかと思います。

治療のあと夕方から近所のグランドでサッカーやフリスビーをしました。
心なしか元気がでていているみたい。
血尿はまだでているけどね。

いい方向に向かってくれるかなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ これは2年前の夏ごろ。胸毛が立派でしょ?
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/1/21

See You Later!、ボビー  音楽


今年にはいってから、60年代から70年代に一時代を築いた人たちの訃報が続いてますね。

昨年の加藤和彦氏に続いて、まさか浅川マキが亡くなったなんて、なんだか寂しい限り。
まさにアングラを地で行くような活動でしたが、今も昔も熱心なファンを掴んでましたよね。
mixiでもマキさんの訃報に加藤氏同様、ショックを受けている人がたくさん。
実際にライブに足を運んだことがないので、未体験のままだったのが悔やまれるなぁ。ご冥福をお祈りします。

それと、もうあの「鬼太郎!」という声が聞けなくなる、というのもなぁ。
ルパン三世の声とか、一連のモンティパイソンものとか、声優の個性あってのアニメ、映画ってあるもんねぇ。
まさにハマリ役だった田の中さん、R.I.P

海外でもフィリーソウルの巨星、テディ・ペンダーグラスが亡くなったすぐあとになんとボビー・チャールズも。

実はボビー・チャールズの唯一の来日?公演、見に行きました。
レヴォン・ヘルム&RCOオールスターズのスペシャルゲストとして野音でのライブ。

しかし。。。

当時は「誰この人?」っていう程度の知識でございました。
「ラストワルツ」に出ていたな、くらいのことしか知らない未熟ものでございます。

渋谷公会堂でのライブがあまりによかったのと、公演の最後に「日比谷野音ではサプライズゲストがある」というアナウンスがあったのですよ。
そこで友人達と相談し「これはもしかしたらザ・バンドのメンバーが来るのではないか」と勝手に想像し、期待して当日券で入ったわけですが、そこに「今日のスペシャルゲスト、ボビー・チャールズ!!」ってアナウンス。
「え?それって誰だっけ?あ、ラストワルツで。。。え、でもよくわかんない。」という率直な感想をもちつつ、何を歌ったのか覚えていません。
たしかこれだったかな↓↓?
(ラストワルツも映画のほうではカットされていたので、これって結構貴重な映像?モノクロってことはラフ編集のときは登場シーンがあったんでしょうね。)



あぁぁぁ。。。未熟もの。

しかし、オールスターズの演奏はそれはすばらしかった。
正確には記憶していませんが、レコーディングメンバーの大半が来日したはず。ドクター・ジョンやブッカー・Tはこなかったな、たしか。

ビル・ヘイリー「See You Later Alligator」


Fats Domino - Walking To New Orleans


入手困難だった過去の作品も含めiTunesでDLできますね。
あらためて聴き直そうと思う今日このごろです。
http://itunes.apple.com/jp/artist/bobby-charles/id3443241
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/1/13

デニス・ホッパー!  音楽

気になるニュースがふたつありました。

ひとつはデニス・ホッパーが死の淵に貧しているそうです。
ガンが骨に転移し、末期だとか。
もう彼の個性的な演技は見られないんでしょうね。
「イージーライダー」の役もはまり役でしたが、僕が一番印象に残っているがデビッド・リンチの「ブルーベルベット」です。
あの映画で強烈なキャラクターを演じたデニス。
知性と狂気をいつも持ち合わせたような独特のキャラクターを演じることのできる名優。



それともうひとつ心配なのがハイチの地震。
揺れそのものの大きさ以上に、現地のインフラの貧弱さが被害を大きくしているように思います。
なにしろ中南米で唯一、とりのこされた最貧国ですから。
200年前にどの植民地よりも早く独立していながら、戦争や政変、腐敗によって一向に暮らしが豊かにならない国。
でもお隣のドミニカやキューバ、カリブ海諸国と同様に文化、なかでも音楽が素晴らしい。
一度タブーコンボが来日したことがありました。屋外でのライブはごきげんだったなぁ。

Tabou Combo ”Tabou Mania”


Haitian Compas Festival 2008


日本赤十字ではすでに義援金の受付や救援隊の派遣に動いているようです。
http://www.jrc.or.jp/kokusai/news/l4/Vcms4_00001445.html

この災害をきっかけに、インフラの充実や政治・経済の安定に向かうといいのですが。。
0

2010/1/12

脱毛地帯  コーギー

小説のタイトルではありません。

あれは不毛地帯だ

ピースの調子はずっと悪いままです。
オシッコの出はよくなったけど、相変わらず血尿は続くし、右耳の湿った垢や前足の肉球の痛みもとれないようで、耳をパタパタさせたり、アスファルトなど固く尖った地面はビッコ引きながら歩いてます。

特に最近顕著なのが抜け毛。
アンダーコートがごっそり抜けて、毛づやも悪くなる一方。
なんか原因の一つはフードのような気がするとトロ姉さんが心配しています。
体重は変わらないのに皆ピースを見るたび「痩せた?」と聞いてくるし。

体の張りも無くなってきたみたいだし。
思い切って以前から愛用していたナチュラルフードの店に来るドッグケアカウンセラーに診てもらうことにしました。

予約は来週土曜日。
それまでは今の療養食のバランスを少しずつ下げながら、手作り食事などを増やしてみるつもり。

一か八かのセカンドオピニオンに希望を託してみるか。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/1/9

干支の音楽  音楽


先週、ユーミンの番組で干支にちなんだ音楽を特集していたので、ちょっと僕なりの好みで選んでみると。

Frank Zappa "Rat Tomago"

僕の干支でもあるねずみはあまりいい表現には使われない。「ねずみ男」とかなんだかさもしい奴の代表みたいな。唯一ミッキーマウスだけは違う種類のネズミのようだけど(笑)
この偉大なるザッパ様の曲名はいったいどういう意味なんでしょ?いつも皮肉をこめたタイトルをつける人だから、なんかあるのか、それともまったく意味がないのか?
曲がはいっているアルバム「Sheik Yerbouti」も「Shake You Booty」という当時ディスコ全盛期に一世を風靡したバンドの曲をひねってつけたものらしいし。
それにしてもなんというギターソロ!すごすぎる。

Emmylou Harris - "Even Cowgirls Get The Blues"
http://www.youtube.com/watch?v=SNZiKvTPZPM
この映像はいい!全盛期の彼女の最良の声を聞くことが出来る!
今は高音がでなくなって、ちょっとさびしい気もするけど、今なりのネオ・カントリーな音楽やボーダレスな活動はすばらしいけどね。
最初に見たのはザ・バンドの「ラスト・ワルツ」のなかでだったか、その美貌と歌声にうっとりしたね。

Michael Franks "Tiger in the rain"
http://www.youtube.com/watch?v=uwPeXsjhLRQ
今年の干支、寅ですが、大学生のころよくお世話になったマイケル・フランクスで。
当時、おしゃれというかオトナっぽい雰囲気を醸すところに必ずっちゅうかマイケル・フランクスは欠かせませんでした。
バックミュージシャンもブレッカー兄弟やラリー・カールトンとか豪華だったしね。
けして上手い歌ではないんだけど、メロディやコード進行が粋というんでしょうか。コンテンポラリーミュージックとしての存在感の高さを感じる人。

Jeferson Airplane "White Rabbit"

のちにスターシップとなのり商業ロックに成り下がるジェファーソン・エアプレーンの一番いい時期の代表曲。
グレイス・スリックもスリムでキュートだわ。
これはストレートにドラッグのことを歌っておるのでしょうね。
「不思議の国のアリス」のうさぎをモチーフにしているらしいし。

Enter The Dragon

ドラゴンといえばブルース・リー、というくらい当時はすごい人気で、今札幌の市会議員をやっているK君もカンフーシャツにぬんちゃくをもって登校していました。
「燃えよドラゴン」日本公開とほぼ同時に亡くなって、ますますカリスマ性が高まり、そのあと4本くらい一気に「ドラゴン」シリーズとして日本公開されました。
このサントラも当時、北海道のラジオ番組年間ヒットチャート3位になったくらいですもん。
作曲・アレンジのラロ・シフリンは映画音楽、ジャズ界でもいい仕事をしていますね。
スカパラのかっこいいアレンジがあったので、今回そちらの映像で。

Fleetwood Mac "Rattle Snake Shake"

高校生のころ「噂」でビッグヒットをはなったバンドは実はブルースバンドだったことを知り、デビュー当時からの音源を聞きあさりました。
ピーター・グリーンはなんとか生還しましたが、ダニー・カーワンのほうは廃人同様になり今はケアホームに暮らす日々。
シド・バレットもそうでしたが、この世界で心のバランスを崩す人は多かった。
それにしても後期のマックも初期のマックも同じバンドとは思えませんよね。

America"A horse with no name"

イギリス生まれの3人組、デビューシングルは小学生のころ毎日のようにラジオから聞こえてきました。
今あらためて聞くとCSN&Yの影響がもろにでているように感じますね。

Pink Floyd "Sheep"
http://listen.grooveshark.com/#/song/Sheep/73551
ピンク・フロイドのアルバム「アニマルズ」にはそのもののタイトル曲が4曲収められていて、そのうちの1曲がこれ。
人間社会を群れをなし、目的もなく繰り返しの日々を送る羊にたとえた曲。
「狂気」「炎」とピンク・フロイドの勢いは絶好調の時期。このアルバムあたりからピンク・フロイドのメッセージ色が一段と強くなり、ウォールなどに反映していきました。


Chack Berry "Too Much Monkey Business"

写真家の浅井慎平氏がこんなエピソードを語っていました。
「81年、広告ポスターのためチャック・ベリーを撮る。「何枚撮りたい」と聞かれ、「8カット必要だから3ロール(1ロール36枚)」と答えた。
「8カットなら8枚だろう」「じゃあ何枚ならいい」「15枚」。一発ぱっと撮ったら「ワン(One)」。目が笑っていない。15枚撮ると彼はギターを置いてしまった。」
(朝日コムより引用)
http://doraku.asahi.com/special/beatles/index.html
いかにもチャック・ベリーらしいです。こんな人近くにいたら迷惑だろうけど(笑)

Jaco Pastorius "The Chicken"
http://www.youtube.com/watch?v=RJfiYdQcQtc
82年の武道館ライブあたりがジャコのピークだったかも。このライブのオープニング「Invitation」が始まったときは全身鳥肌がたちました。
この2年後、読売ランドでおこなわれたギル・エヴァンス・オーケストラとの共演はあきらかなリハ不足で、雑な演奏。かなり遅れて開演したとき、彼は全身ドロをぬったくってでてくるし。
終演後、帰り道にジャコがツアーバスからいきなり降りて歩いてきて、取り囲むファンに「Don’t Touch Me!」と騒ぎになったり。
これ以降、彼が話題になるのはその奇行騒ぎばかりで、演奏活動がさっぱり。そうしているうちにあの悲劇。

Led Zeppelin "Black Dog"

犬は曲名でもよくでてくるね。やっぱり人間に近い動物だし、比喩的に使う格好の動物だし。
ツェッペリンはこんな変拍子を違和感なく演奏できる稀有なバンドだったし、とにかくジミー・ペイジの音作りは素晴らしい。
彼はリフ作りの天才だ。
この映像のころからジミー・ペイジのギターに違和感というか、もたつき感が強くなってきて、相当ドラッグやアルコールが影響を及ぼしていたのかも。
ジョン・ボーナムが死んだ後のジミー・ペイジは抜け殻のよう。この当時の輝きはすっかり無くなってしまったもの。

Charles Mingus "Goodbye Pork Pie Hat"

From Live at Montreux 1975 Charles Mingus [b] Don Pullen [p] George Adams [s] Gerry Mulligen [bs] Benny Bailey [t] Danny Richmond [d]

この曲を初めて聴いたのはジェフ・ベックのバージョンで、オリジナルは大学生になってから。しかしそのころはミンガスの体調は思わしくなく、生で演奏を聞く機会は結局ありませんでした。
彼の晩年、ジョニ・ミッチェルもこの曲のオリジナルバージョンに歌詞をつけ、ブレッカーやジャコ、パット・メセニーなどともに作った「ミンガス」というアルバムもよかったです。
ポーク・ハイハットというのはミンガスがこの曲を捧げた故レスター・ヤングが愛用していた帽子のことで、「豚パイ」を焼くのに使う型に帽子が似ていたから一般的にそうよばれるようです。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ