2009/12/22

まだあったか登戸研究所  雑記

僕の出身校の校舎のなかに、化学や生物化学などの基礎実験を演習する建物があって、それはそれは当時(80年前後)でも「こりゃ、屯田兵の家か?」ってくらい十分に古さを感じさせる建物でした。

それがまだ取り壊されずに残っていたとはしらなんだ。

その建物は戦時中、陸軍の実験施設として使われていたところで「陸軍登戸研究所」というのが正式名称だったそうです。

そこがいよいよ取り壊されることになるそうです。
記事はこちら↓
http://www.news.janjan.jp/living/0912/0912214646/1.php

建物そのものからはそこで何があったのかは知る由もありませんが、学生当時、戦前はここで生体実験がおこなわれていて、近くの学校の建設時に人骨がでてきた、とかキャンパス内の慰霊碑は人を祭ってある、とかいろんなうわさが流れていたものです。

でも実際のところはどうなのか、資料の大半が戦後意図的に焼却されたらしく、事実関係を確認するすべはほとんどありません。
かの帝銀事件の鍵をにぎっていたともいわれるこの研究所、真実があきらかになる日はくるんでしょうか。。。

しかし、学生当時の校舎もそうだけど学食やクラブの部室など、悲惨なくらいにボロかった。

今ではどこの学食もファミレス以上に工夫を凝らしたおいしいそうなご飯を食べられますが、当時の学食はまるで「飯場」のような食堂。

残り野菜やかす肉を煮込んだような「サッポロスープ」70円とごはんにキャベツ千切りとコロッケが一個のったB定食200円のセットがけっこう贅沢な組み合わせだったりしました。
一番豪華と思われる「ビフテキ定食」380円にいたってはまるでゴムぞうりのような強靭な肉と対峙せなばなりませんでした。それでも食っている学生は「リッチ!」と羨望のまなざしが注がれたのもです。

いまどきの学食は寿司はもちろん、懐石風や本格的なエスニック料理までなんでもあるそうですね。
マイミクのTOMOさんの学食スナップ(マイミク限定公開ですが)をみるとそれがよくわかります。

当時使われていた肉はもっぱら農学部の動物実験後の肉を使っているのでは、という噂が流れていたものです。それくらい質の悪い肉。
(その肉を大量に仕入れて鍋にして食べていたのは他でもない、我々ジャズ研の人たちですが。おかげさまでよくお腹をこわしました)

残飯は食堂の脇を動くベルトコンベアのうえに捨てて、自動的にバケツに放り込まれるシステム。

食堂のおばちゃんに体を売って昼飯代を浮かせていたという輩がいたとかいないとか。。。。ま、それはうそだろうけど。
美味いとか関係なく、単に空腹を満たすだけのためにあるのが「学食」(注)というものでしたね。


それはともかく、学生時代の思い出の建物がまもなく消えるというお話でした。

(注)当時も学校間経済格差から来る学食の良し悪しは当然ありました。我々のような底辺の大学とは違い、お嬢様系大学などとは雲泥の差があったのは確か。ジャズ研の演奏活動で他大学、なかでも女子短大等へ出向くときの楽しみのひとつがそうした学食で味わうことのできる華麗耽美なお食事でもあったのです。
ただのカレーライスですら、食器やプレートにいたるまで無骨な田舎大学にはない上品さを感じたものです。
さらに理工系大学に当時は皆無に等しい「女子学生」という人種と接する貴重な機会であるとともに、そうした「臭い」と「味」を同時に楽しむ唯一の機会ともいえたでしょう。


0
タグ: 日記

2009/12/21

名画が50本  映画

名画で映画館を活性化しよう、ということでしょうか。
映画ファンと評論家の投票・審査で選ばれた名画が50本、全国各地の映画館で一気に上映されるという企画「午前10時の映画祭 何度見てもすごい50本 」が始まります。

人気投票で上位に選ばれながら選に漏れた作品もあるようだけど、これは上映するためのニュープリントが入手できなかったため、ということだそうで。まぁよしとしましょう。

確かに「風と共に去りぬ」など有無も言わさぬ名画が入っていませんね。
あと気になるところはハリウッドものが圧倒的なこと。
どの作品も甲乙つけ難いものあるけど、もう少し非西欧圏の映画などにも配慮していただいてもよかったかな、と。
確かに僕も含め「洋画」というと「ハリウッド」のような繋がりは影響大だし、そうした映画が日本公開作品の大半を占めていたからねえ。

これは趣味・嗜好の問題かもしれないけどホラーやアニメないですね。「羊たちの沈黙」はホラー?か。日本映画もないのはなにか洋画のみという基準があったのかな?
あとは監督も偏らないような配慮もあったのでしょうね。
ま、どれをみても損のない映画ばかりではあります。

50本のなかで唯一見ていないのは「ライトスタッフ」かな。
これは戦闘アクションものとは一線を画すシリアスなドラマだったんですね。
これは見ておきたい。


それ以外もずいぶん前に見たきりで、正直よく覚えていないものも多々。
古い映画を見直してみると、また違った感想なり発見があるものです。

遠出もできそうにないので、少ない正月休みを使って映画に浸るのもいいかも。
NHKでも衛星でこのなかの映画や、名画を年末年始に特集しているので映画館に足を運べない人はテレビも要チェックでしょう。

でも大きなスクリーンで見る映画の醍醐味はやっぱりあるよなあ。



0

2009/12/16

年越し前にそばとオードブル  酒・グルメ

僕は野球見ないので詳しいことはわかりませんが、ヤンキースの松井選手が年棒半額で移籍とでてましたね。

浮かんだ言葉が「鶏口牛後」

なんというか、スポーツマンらしい姿勢に感銘。
いさぎよい、というか野球選手である以上、走って、打って、守ってこその一流選手であるという自負かもしれませんね。
新天地でもぜひ活躍してほしいです。

日本のプロスポーツ選手をマネジメントしている某企業のやっていること、一部選手たちの形振りとかアホらしく見ていた僕にはなんだかスカッとする話でした。

さてもう師走も中盤。
そろそろ年越しそば、おせちの季節です。

トロ姉さんの店「青いパパイヤ」では年末まで営業なので、今年も「年越しそばは沖縄そばで!」がキャッチフレーズです。
今年はお持ち帰り用そばも用意するそうです。480円也。

それと年末の忙しい方のために26、27日限定でお持ち帰り弁当を用意。
師走開運弁当と題して、お楽しみお年玉くじ付き!で800円と880円。

あと年明けのおせちに彩りをそえる沖縄スタイルのおせちオードブルも25日まで予約受付中だそうです。
2〜3人前で6300円也。

くわしくは「青いパパイヤ」ブログでご覧ください。
ってまだアップされていないなぁ(汗)

少々お待ちを。。。
0

2009/12/13

冬支度。いまさらですけど  雑記

もう12月なかばだといのに、大掃除も年賀状の目処も一切たっていない今日このごろです。

冬にはかかせない愛用のコート。
もうかれこれ15シーズン使っているコートがかさかさになってきたので、今日は思い切って油をぬることにしました。

コートはこちら↓

クリックすると元のサイズで表示します

オイルドコットン(12月14日追記:Waxed Cottonが正しい名称でした。修正修正)という特殊な加工をした布を使ったコートで、イギリスでは漁師からビジネスマンまで広く愛用されているコートです。
表面の油分が抜けてきて、地の生地がすっかりでてきてしまい、これでは防水効果も防寒効果も発揮できません。
そこで定期的にオイルを塗らねばならんです。

オイルはこちら↓
クリックすると元のサイズで表示します

製造元(イギリス)へ送ればきれいにやってくれるんだけど、作業代と送料を考えると、手間でも自分でやることにしました。
このコートは穴があいてもメーカーが有料で補修してくれるので、使おうと思えば一生使うことができます。

一度リペアをしてもらって使っていますが、また小さな穴ができているので、2年後くらいにはまたリペアが必要かもしれませんなぁ。

特性のオイルをヒーティングしながら、スポンジで少しずつ延ばし延ばしして塗っていきます。
BGMはなんだかよくわかりませんがジョニ・ミッチェルにしました。
全然関係ありませんね。

1時間ほど、全体にぬりこんで、あとは1日〜2日陰干しして表面をおちつかせておしまい。
クリックすると元のサイズで表示します

これでこの冬も活躍してくれるでしょう!


0
タグ: 日記 

2009/12/10

今夜は最高  音楽

最近ブログネタに「復活して欲しいテレビ番組」「復活して欲しいバラエティ」とかアンケート結果がでていましたが、概ね視聴率の良い番組のなかから選ばれるのは想像にかたくなく、結果をみても「だから?」って感じですね。

その大半を見てない自分にはピンときませんわ。

最近のテレビバラエティやドラマの視聴率が悪い原因はネット普及によるメディア選択肢が変わってきたこともあるけど、その根底にある作り手の問題点はあるよねぇ、たぶん。
下請けが苦しいのは今も昔も変わらないけど、出来上がる番組そのものが視聴率を取れることばかりを優先して、安易なものばかり粗製乱造されているように見えてしまうしね。

昔のほうがよかったとはいわないけど、今もあったら見ているであろう番組のひとつが日本テレビで放送していた「タモリの今夜は最高」かな?

今はなかなかおめにかかれないタモリ独特のギャグセンス(赤塚不二夫の弔辞がひさびさの登場でしたね)が散りばめられ、ゲストやバックバドのプレイヤーズ、中村誠一といったミュージシャンとの掛け合いとか、音楽好きのツボを心得た演出が楽しい番組だったなぁ。

Youtubeには当時のコントシーンや演奏シーンが相当数アップされているようなので、知らない人も懐かしいと思う人も、ひまなときにゆっくりチェックしてみてはどうでしょう?

ちょっと感動だったのはトニー谷の出演分。
よくのこってたなぁ。。
感動ざんす!


子供のころリアルタイムに見ていた僕は、そろばん(当時は電卓すらなく、一家に1つはソロバンがあった)は計算機ではなく楽器だとしっかり教え込まれ、よく母に「ソロバンは楽器ではない!」と叱られましたざんす。

0

2009/12/7

ぼったくりだなぁ  酒・グルメ

生キャラメルのブームを作ったはいいけど、おかげで地元北海道の良質な牧場やメーカーの市場を奪ったうえ、生キャラメルの価値を下げ、下火になるや次々と店を閉じている某牧場ですが、銀座の店頭で最近メロンパンを売り始めていました。


なんと 1個380円!


いったいどのパティシエのスイーツじゃ(汗)
京田の夕張メロンパンのパクリ、といわれても不思議はない。
ブロガーを使ってネットで懸命にプロモーションしていますが、どうにも売にはつながっていない様子。
そりゃそうだろうな。
メロンパン自体で客が増えるとも思えんなぁ。

昔(今もあるのか)「ぼったくりバー」というのがありましたね。
客引きにつられてはいってみたはいいけど、ぶちゃむくれなおばちゃんが相手になって、気がついたら請求が●十万円とかくるやつ。

最近はイタリアでのぼったくり被害が有名になりましたが、日本はだいぶ良心的になってきたのかも。

海外で貨幣価値の差からぼったくりと気がつかないことが多いですね。
よくアジア各国を旅してみるのが「3マイ1000エン、ヤスイヨ」というTシャツ販売。
現地の平均所得と照らし合わせれば、一ヶ月の食費以上に高いTシャツなんぞいったいどこのブランドものじゃ、という価格ですよね。
多分300円くらいでも十分元がとれているはず。

「ニセモノグッチ、1000円。ヤスイヨ」
こら!にせものなんぞタダでもイイダロ!

前にバンコク市内をトゥクトゥクで移動したときは、渋滞に巻き込まれ、しかも運転手が勘違いして(したフリ?)違う方向に向かったうえ途中で降ろされるはめなったのに、きっちり「運賃」を請求されたこともありました。
雨だったし、いいかげんつかれていたので言われるままの料金を渡してしまいましたが、あれはあきらかなぼったくりだった。

海外旅行慣れしていない頃、初めてセブ島にいったときも、日本語ガイドの言われるままにしたおかげで、ずいぶんと法外な料金を払っていたと思います。
勝手に写真撮りまくってから、あとでポートレートにして1式50ドルとか言われるし、行きたかったギター工場をパスされて、自分の贔屓の客からしいれた楽器を80ドルとかで売り込まれたり。
これもぜーんぶぼったくり。
多分価値は10分の1くらいなもんでしょう。
みんな彼らの懐へがっぽしはいるんだろうな。

でもねぇ、このメロンパン、原価を考えてみても380円はないと思うよ。
ぼったくりといわれても不思議はない。
田中某というブランド価値がついている、といわれればそれまでだけど、彼の価値はせいぜい100円止まりかも。
近所の美味しいベーカリーで作っているメロンパンは130円くらいで十分いけてると思うけど。

たとえ380円で買った人もリピーターになるかどうか?
銀座だったらもっと安くて美味しいパンやお菓子がありますもん。


0

2009/12/5

ギター小僧のサガ  音楽



ギターがかっこいい演奏を聞くと、ついつい自分もギターに手を延ばしてしまう。
これはギター小僧たちの永遠の宿命みたいなもんです。
10代だろうと60代だろうとかわらない。

たぶん歳をとるにつれて無理があるのもなかにはあるでしょう。
THE WHOのピートが今でも腕をぶんぶん振り回し、ポーズをきめてくれるのはうれしい限りです。
僕はやろうとしたらきっと怪我しますね。だからWHOのレパートリーはきっと永遠に封印してしまうのかもしれません。

ギター小僧にとってギタートリオというのはなかでも垂涎の的。
必ず誰でもギタートリオで演奏してみるもんです。
ソロやデュオとは違う緊張感とリズムだけのインタープレイの醍醐味や高揚感みたいなものが味わえるのがトリオという形態かもしれません。

僕が本格的にギターを弾き始めた中学のときにはクリームはすでに解散したあと。
当時ギタートリオといえばなんちゅうてもこれでした。



ベックの持つブラックのレスポールを持つことを夢見ながら、壁一面に彼の等身大ポスターをはり、眺めながらギターをコピーしたものです。

しかしかのグループは1枚のアルバム(日本単独のライブ盤除き)を残してあっさり解散。

それからしばらくはギター中心の演奏からしだいに人数の多いバンドアンサンブルへの興味が沸き、大学時代にはビッグバンドという文字通り大人数の演奏ばかりやっていたので、ギターが中心になって演奏をする、ということにずいぶんとと遠ざかっています。

そんな折、友達からお土産にいただいた1枚のCD。
高校の一回り後輩にあたるドラマー、NYで活躍中の新井田孝則さんのライブCDです。


地元帯広でのライブは、ギターマガジンの講師としても有名なトモ藤田(G)とヤネック・グウィズダラ(マイク・スターンバンド)とのトリオによる演奏。
これがまたファンキーでかっこよかった!



オリジナル曲も緊張感あるインタープレイでいい感じでしたが、変態チューニング+カポの凶暴ギタリスト、アルバート・コリンズの代表曲までやってくれてうれしい限りです。



これを聞いて思わずギターを手にしてしまう元ギター小僧の今日この頃です。

新井田さんは日本にもよくツアーでくるようなので、次回東京あたりの公演があればぜひ行ってみたいですね。
新作も録音中らしく、近いうちに日本のレーベルから発売されるようです。
楽しみです。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ