2008/5/27

白夜だ  温泉・旅

クリックすると元のサイズで表示します

もう夜の9時をすぎたのに、こんなに明るいなんて。

空気とか風景とかなんだか初めてとは思えないのは、故郷の北海道に似ているからかもしれません。

しかし、疲れた。今日は22時間は起きている換算だな。
そんなんですが、週末はライブだ。

へぇ〜。。


BOSS BRASS Live
日時:2008/05/31(sat.)
  Open 19:00 Start 19:30
場所:新感覚 Live Cafe 弁天
  http://www.benten55.com/
  丸の内線 新中野駅 1番出口より徒歩3分
  中野区本町4-39-7 TNビルB1F
  03-5340-8270
  料金:1,500円(+1ドリンク500円)
0

2008/5/25

31(土)にライブがあります  音楽

ちょっとハードスケジュールが続いています。
6月にはトロ姉さんの店の手直しなどもあり、ばたばたです。

そんななかでライブ1件、強行です。
体力勝負です。

BOSS BRASS Live
日時:2008/05/31(sat.)
  Open 19:00 Start 19:30
場所:新感覚 Live Cafe 弁天
  http://www.benten55.com/
  丸の内線 新中野駅 1番出口より徒歩3分
  中野区本町4-39-7 TNビルB1F
  03-5340-8270
  料金:1,500円(+1ドリンク500円)

Chicago、BST、TOPあたりのコピーバンドです。
今回はTOPのホーンアレンジを施したバンドや、日本のポップスなども取り上げます。
ちょっと南の楽器もとりいれたりなど。
ゲストのボーカルも交えての1時間半、ぜひお越しください。

6月には元祖赤星繁&恋の四十八手ヨコハマライブがあります。
こちらは都合により参加できず。ヨコハマエリアの方はそちらもぜひ

0
タグ: ライブ ロック

2008/5/9

青いパパイヤのHP  酒・グルメ

今ごろになってなんですが、開店してしばらくたってようやく…

「青いパパイヤ」のホームページ(ブログ)が完成!
http://blog.goo.ne.jp/aoipapaiya_2007

たぶん週明けには完全版でアップされるはずです。
どうかごひいきに
(5月12日現在、テストページのままなので、遅れたらご容赦くださいまし)

というわけで、こちらのブログでは青パパ関連はお知らせ・リンク程度にまとめ、詳細は本家のほうでということに。
店名の由来でもある青パパイヤもタイ直送の新鮮パパイヤに替えてさらにフレッシュ&テイスティになりました。
クリックすると元のサイズで表示します

これから夏にむけてフルーツやタピオカ、ココナツミルクなどがたっぷりはいった贅沢なチェー(ベトナムのデザート)もはじめます。

クリックすると元のサイズで表示します


あ、5月31日には新中野の弁天でライブがあります。
こちらもヨロシク
0

2008/5/6

超高速音楽その4  音楽

GWスペシャル(いつのまに)も佳境。
第4弾となりました(笑)

さて高速といえばやはりこの人を出さないわけにはいきませぬ。
自分のドラムソロを派手に見せたいために作ったとしか思えない、そしてアルバムには必ずといっていいほど超高速ナンバーを入れていた、そうバディ・リッチ。

高速ドラムの人間国宝といっていいでしょうね。
つきあうブラスセクションの皆様、ご苦労さまです。

学生時代はよく取り上げられた曲で「Straight No Chaser」というのがあります。これと「Time Check」という2曲がアマバンドのひとつのベンチマークだったかも。

ということでバディ・リッチさん、ご登場です(笑)

Buddy Rich "Straigh No Chaser"


"Time Check"





当時、本校のビッグバンド「ビッグサウンズオーケストラ」というのがあり、企画もので「6大学フルバンド合戦」というカセットを発売しました。
(といっても印税がはいるわけではなく、音楽出版社の企画にのって録音に付き合わされた程度だったようですが)

今は完全「廃盤」のカセットですが、はたしてこれはお宝といえるか??


クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/5/4

超高速音楽その3  音楽

調子にのりすぎ第3弾。

学生バンドのレパートリーによく取り上げられたバンドのなかで、Woody Hermanほど日和見なバンドはないでしょう。
スィング時代から晩年まで、彼の率いるビッグバンドはずいぶんとその表情を変えてます。

40年代はブルース、スィング、戦後はバップ、60年代以降はロックやフュージョンと、その時代時代のおいしいところをエッセンスにした曲やアレンジばかり。
でも駄作・失敗作がないのがWoody Hermanかも。
従来のビッグバンドの枠にとらわれない斬新な楽器起用も彼ならでは。
ジャコが率いたビッグバンド、Word Of Mouthにもギル・エバンス同様、影響を与えたのかもね。

La Fiesta



彼の出世作、Four Brothersはビ・バップらしいコード・プログレッション、当時流行った原曲の変えメロに往年の名プレイヤー達がソロを聞かせる名曲。





このオリジナル版をマンハッタン・トランスファーがヴォーカリーズで絶妙なハーモニーを聞かせてくれていましたね。これも最高。

Manhattan Transfer "Four Brothers"


さて次はあの御大にご登場いただこうかな。
0

2008/5/3

超高速演奏その2  音楽

調子にのって第2弾突入です。

前回のベイシー楽団出身でその後ソロ活動や、自身のジャズオーケストラを作ったのがサド・ジョーンズ。

ドラマーのメル・ルイスと双頭ビッグバンドとして活躍していました。
こちらも学生バンドには人気で、当時いくつかレパートリーにいれて演奏していたバンドがそこかしこにあったもんです。

さて、彼らの超高速演奏ですが、こちらはベイシーとは違い、リズムの変化、アンサンブルの複雑さにおいては、トシコータバキン、スタン・ケントンなどと並び、高度な演奏技術を要求されます。
コンボ演奏のようなフリーさと、ビッグバンドスタイルを巧妙に組み合わさったところがかっこいいす。

なかでも「Once Around」は代表曲。
日本公演のライブも実に緊張感ある演奏が聴かれますが、当時来日公演を見逃した自分としては、こうしてライブシーンを見ることができてまた新しい発見があるものです。
Thad Jones Mel Lewis Orchestra


ついでにミドルテンポのシャッフルですが、タイトルどおりいいグルーブの曲。
ローランド・ハナ(p)と若きリチャード・デイビス(b)のソロがいい。
リズムもださくならないシャッフル加減がグー。ブラスのキレも最高。
ぜひライブ・イン・ジャパンの完全版を出して欲しい!

クリックすると元のサイズで表示します

"The Groove Merchant"



サド・ジョーンズがベイシーに在籍していたころはバンドも全盛期。
なかでもソニー・ペインのドラムスがすごかった!
もう笑っちゃうしかないです。ドラムスはエンターテイナーだな。
ここでは若きサドもソロ吹いてます。

Count Basie & His Orchestra"Corner Pocket"




ところでこの曲は大学にはいって初めて人前で演奏した記念の曲。
これってキーがD♭なんで最初は戸惑いましたね。それまでは開放弦を使える曲しか知らなかったからね。




【予告】 5月31日(土) PM7:00〜 
  BOSS BRASS LIVE
  於:新中野 弁天
トロ姉さんのお店はこちらです↓
アジアン・カフェレストラン「青いパパイヤ」
住所:横浜市青葉区藤が丘1−16−10 アーバンプラザビル2F
電話:045−978−6322
営業時間 ランチ営業:11時30分〜14時、18時〜23時(L.O:22時30分)
     土日、祭日 12時〜22時(L.O 21時30分)
定休日 月曜・第3日曜
0

2008/5/3

超高速演奏その1  音楽

最近めっきり少なくなったビッグバンドですが、ビッグバンドの醍醐味のひとつがバンド全体が塊となって演奏するアップテンポなアンサンブル。

生で聞くのが一番ですが、ちょっとスリリングな音楽を楽しみたいお方にはお勧め。
ストレス発散にいいかもです。

大学にはいってビッグバンドにはいり演奏の基礎から勉強し始めた当時、先輩から教科書だからといわれたのがカウント・ベイシーの「ストレイト・アヘッド
生まれて初めて買ったビッグバンドのLPです。

クリックすると元のサイズで表示します

学生ビッグバンドならこのアルバムの全曲をレパートリーにしたはずです。
しかし、このうちの1曲「Magic Flea」だけがなかなかまとまりにくい。
なにしろ速いでしょ?
リズムセクションがキープできないんですね、弱体すぎて。

ギターもずっとこのテンポでダウンストローク。
これはけっこうしんどい。今は腕つりますな(爆笑)…

ということで70年代前後、ベイシーを支えた名ドラマー、ハロルド・ジョーンズ在籍時の貴重な映像がありましたのでご紹介かたがた。

Count Basie "Magic Flea"



【予告】 5月31日(土) PM7:00〜 
  BOSS BRASS LIVE
  於:新中野 弁天

トロ姉さんのお店はこちらです↓
アジアン・カフェレストラン「青いパパイヤ」
住所:横浜市青葉区藤が丘1−16−10 アーバンプラザビル2F
電話:045−978−6322
営業時間 ランチ営業:11時30分〜14時、18時〜23時(L.O:22時30分)
     土日、祭日 12時〜22時(L.O 21時30分)
定休日 月曜・第3日曜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ