2007/10/31

John Scofieldというギタリスト  音楽

クリックすると元のサイズで表示します

Ibanez AM200

これを購入した84年当時はバブルまっさかりで、ギターそのものもある種それを反映したかのような贅沢な作り
インレイやマホガニー素材など細部まで凝った作りのわりに、当時売価10万円そこそこだった。
今なら新品で20万円クラスかもしれない。

なんでこのギターだったか、というと学生当時のギターヒーローの一人がこのギターシリーズのモニターであり、現在も愛用しているジョン・スコフィールド。
レコードデビュー当時は335系だけど、82年くらいからはずっとIbanezのはず。

まだマイルスバンドに加入前、ジャズレーベルECMから出ていた彼のソロ作はかなり衝撃的だった。

クリックすると元のサイズで表示します

バックはストレートなモダンジャズスタイル、リッチー・バイラーク、ジョー・ラバーベラ、ジョージ・ムラーツという名手をバックに彼の変体なフレーズが妙に緊張感のある音になっていた。
アウト・オブ・スケール感というのか、このLPのなかのSoftly As In A Morning SunriseなどスタンダードなCmの曲で、いきなりメジャー3rdをぶつけてきたり、ペンタトニックの使い方と、ビバップフレーズの組み合わせとかが、すごく気持ちよかった。

当時はパット・メセニーやジョン・アバークロンビーのような「空間系」ギタリストと、彼や同じマイルスバンドにいたマイク・スターンのような歪み・グランジ系ともいえるギタリストの2タイプに大きく分かれていたと思う。よくバイトしてたジャズ喫茶でもかかっていたな。
どっちも好きだけど、もともとロックやブルースが好きな僕としては後者のほうがなじみやすかったかな。

その後、マイルスバンドをへて、ストレートなジャズからR&Bまで幅広い音楽性を発揮しながら、ジョン・スコフィールドのくねくねした世界を確固たるものに。特に最近はソウル、R&B、ブルースを彼なりのスタイルで演奏している作品が続いているなかで、この作品は特にいいのでは。

クリックすると元のサイズで表示します

レイ・チャールズの追悼として2年前にでたCDだけど、バックのリズム(ウィリー・ウィークス、スティーブ・ジョーダン)のぶっとさと、共演のミュージシャンの豪華さ(ドクター・ジョン、メイヴィス・ステイプルズ、アーロン・ネヴィル、ジョン・メイヤーなどなど)にまず圧倒。
そこにあのギターだ。

異業種格闘技にジョンスコがからめ手で。。。というのかな。

もともとブルージーな曲が好きな人だから、こういうのは全然ありなんで、他にもニューオーリンズとか南部ものに傾倒した作品も多いし。
ということで久々にお師匠様に再会した気分で(笑)、このギターも使わないといけないなぁ。
0
タグ: ジャズ ギター

2007/10/28

Neil Young Hear t Of Gold  音楽



DVDを買ったまま、ひまがなくて見られずにいたニールヤングのドキュメンタリーを鑑賞。

これがまたすっばらしい映画だった。
ジョナサン・デミといえばマーティン・スコセッシ同様、音楽好きの監督。
トーキングヘッズのStop Makin’ Senceという音楽ドキュメントのなかでも秀逸な作品をとったことでも有名。「羊たちの沈黙」ももちろんいいです。

この映画、なんといってもニール・ヤングと旧知のミュージシャンとの心の通う音楽というか、楽器もみーんなヴィンテージもののアコースティックかアナログ楽器ばかりの滋養に満ち溢れた音楽ばかり。
今ならサンプリングした音を指一本で再現できるような効果音まで、しっかりミュージシャンが「演奏」したり、デジタルではできない生の人間の音の厚みと存在感を感じさせる感動のステージ。
ネタばれになるから詳しいことは×。

会場もいいんだな。
ナッシュビル、カントリーの殿堂といわれるライマン・オーディトリアムという古い音楽ホールが、こうして今も残されていて、単にコストだとか、古いというだけでスクラップされるどこぞの国の文化とは、全然違う深みを感じます。
アメリカの良いところ。(悪いところもいっぱいあるけどさ)

共演のエミルー・ハリス(!)が「もし環境警察とかがあったら、あの開発計画をぶっつぶしてほしい」とコメントしてたのが、このホールの隣に高層ビルを建てる開発がすすんでいたから。
ホールを壊すわけではない。ただその周囲に外観や室内からの景色をさえぎるような建物がたつ、というだけ。それでもあかんぞ!と。
そんなの東京や京都、全国どこでもある風景だよね。
大正から昭和にかけて戦火を逃れた建物のいったいどれだけ残されているのかなぁ。

表参道の超有名建築家の建物を悪い、とはいわない。
でもなくしたものにくらべると、どうなんだろう。。。

それはともかく、故ニコレッタ・ラーソンの追悼コンサートのときはなぜか出演しなかった彼は、このコンサートでComes A Timeを彼女にささげると歌って拍手を浴び、10代のころに初めて一人旅を経験したときにバーで繰り返し耳を傾けたFour Strong WindsやOne Of These Dayをメンバー全員で歌い、終始妻のペギーと呼吸を合わせながらのなんともあたたかいコンサートが記録されてます。
歌詞は40代以上の人には感涙もののような歌ばかり。

エレクトリックでラジカルなニール・ヤングもいいけど、こういう肩の力を抜いた彼も最高!
0

2007/10/24

横浜ウォーカー取材  酒・グルメ

さてさて、そんなこんなで奮闘中のトロ姉さんですが、先月横浜ウォーカーの取材をうけました。
それが今週発売号で掲載されました。

書店といっても横浜エリアですので、地方の方はWebをごらんください。

この取材日から時間もたっているので、写真とは雰囲気も若干変わっています。

料理のほうも焼きそばやサラダ、焼き物など増えています。
それとただいまアジアビール試飲キャンペーンということで、まとめ飲みで10〜15%引きのお飲み得セール中

ま、クーポンもってくれば結局10%引きだけど(笑)


アジア料理&カフェ 青いパパイヤ (藤が丘/エスニック) 9/12 OPEN -- グルメウォーカー --

※ただいま、トロ姉さんを助けてくれるアルバイトさん募集中です。
時間、日程など相談のうえ。時給は850円からね。


よろしく!
0

2007/10/22

トロ姉さん奮闘記 その4くらいか?  酒・グルメ

そんなわけでトロ姉さん、気をはりながらも、思うようにいかないことが続きます。

この数ヶ月で体重もぐっと落ちました。
健康あってのものなので、無理は禁物。

でも少しづつですが、お客さんもついてきているように見えます。
食べていただいた方はほとんどおいしいです、とおっしゃっていただいているそうです。

もう少し夜のお客さんが増えるといいね。
ということで皆さん、ぜひきてね(笑)

店の雰囲気もいろいろ変えてみてるようです。
今までちょっとエスニックは避けていたBGMですが、今週からちょっと趣きを変えました。
「弦は世界をめぐる」というテーマです(なんのこっちゃ)。


"CAFE MEKONG" compilated by Makoto Kubota
"UAKTI"
"Blues of Vietnum" Kim Sin
"In the Heart of the Moon" Ali Farka Toure & Toumani Diabate

ベトナム、ブラジル、アフリカと3つの異なる地域の音楽がみごとに溶け込んでおります。
なかなかいい選曲じゃ(自画自賛)

我が家の庭のレモンについていたアゲハが今朝旅立ちました。
立派なクロアゲハです。

小さな庭のうれしい出来事です。




クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/10/19

あの伝説の日本語吹き替えがよみがえる!?  ドラマ・DVD



あらまぁ、なんとついにつーか、何ちゅうか、本中華、中華と言えば Mr.Boo! か、やっとつーか、何ちゅうか、本中華、中華と言えば Mr.Boo! か伝説の東京12チャンネルで放送された「モンティパイソン」シリーズの日本語吹き替え版がDVD発売されるっていうじゃないですか!とか何とか言っちゃってみたりしてぇ!!

これはもう21世紀最大の発掘ともいえます

だけんどセットで3万円↑か、なんちゃって! 懐が、とか言っちゃってみたりするんだなぁ、この、幸せモノぉ!

(この文章は「広川太一郎変換フィルタ【変換しちゃったりして】」を使いましたとさ、ってばさってばよぉ。)
0

2007/10/18

秋だね  酒・グルメ

おやおや、いつのまにやら庭にあけびがなっているよ

せっかくだから、ごちそうになるか
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/10/16

トムヤンスの味わい深い作品  音楽



ひさびさの音楽のことで。

トム・ヤンスのコロムビアでの76年発売第一弾。
9月に紙ジャケで再発されて購入しましたが、これがなかなかいいんだ。

ちょっと内省的な歌詞と、70年代らしい哀愁のあるメロディ。
AORへの移行期ともいえるアレンジですが、なにしろミュージシャンが豪華。


David Lindley (Guitar)
Chuck Rainey (Bass)
Jesse Ed Davis (Guitar)
Lowell George (Guitar)
Jim Keltner (Drums)
Colin Cameron ( Piano, Guitar, Bass)
Harvey Mason, Sr. ( Drums )
Jerry McGee (Guitar)
Jeff Porcaro (Drums)
Bill Payne (Piano)
Fred Tackett (Guitar)
Mike Utley (Guitar,Organ )
Herb Pedersen (Vocals)
Sam Clayton (Conga)
Lovely Hardy (Vocals)
Valerie Carter (Vocals)

プロデューサーがロウエル・ジョージということもあって、全体としてリトル・フィート色も強いのが特徴です。

寡作だったトム・ヤンスはオートバイの事故の後遺症で84年に亡くなりましたが、彼の作品をカバーしているミュージシャンも多いようです。

テキサスのお転婆娘Dixie ChicksもLoving Armsをリバイバルヒットさせました。

陰影のあるジャケットもいいね。



1
タグ: SSW ロック



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ